Webマーケティング

Webマーケティングでおすすめの転職サイト/転職エージェント

デジタルマーケティング

Webマーケティング系で使えるオススメの転職エージェント、転職サイトをご紹介します。

私も過去にWebマーケティング系で転職エージェントを使って転職活動をしていたので、その時の実際の印象とか、今から振り返ると「こういう部分に注目すると良かったな」と思う部分を解説しているので、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

Webマーケティング転職で使える転職サイト・転職エージェントについて

Webマーケティング希望で転職サイト、転職エージェントを選ぶときは

  1. 各媒体の求人傾向
  2. サポート姿勢

この2点にぜひ着目してみて下さい。

実は同じWebマーケティング系の求人を探していても、各転職サイトやエージェントごとで持ってる求人の傾向って結構違っていたりするんですよ。例えばマイナビエージェントとdodaは大手の事業会社系求人が多くて、パソナは広告代理店系、ワークポートは中小系の制作や広告系の求人が多いとか、Web系の中でもそれぞれに得意な領域があるんですよね。

だから自分が転職したい求人を沢山もってるところに登録するほうが良いよっていうのが、実際にWebマーケティング行基で転職活動を経験した私からの1つ目のアドバイス。

2つ目に、転職エージェントのサポート姿勢が各社で全然違うので、相談にのってほしいとか、親身にサポートしてほしいとかの接客姿勢も考慮してエージェントを選ぶと良いですよということ。

例えばリクルートエージェントは求人数は多いけど作業は大雑把で担当者も塩対応だし、dodaはキャリアカウンセリングの質が高くて親身で個別対策もめちゃくちゃ充実してるとか、マイナビエージェントは親身で優しいけれど時にスパルタっぽい雰囲気があるとか、接客姿勢って各社で全然違うんですよ。

Webマーケティング転職では過去の実績やスキルをどれだけ具体的な数字に落とし込んで客観的にアピールできるかがメチャクチャ大事なんで、どんなアピールが実戦では効果的なのかのアドバイスを担当者から受けるのってすごく重要なんですね。

自分で職務経歴書を書いて、自力応募で日程も調整して転職活動を進められる人はサポートなんて全く気にしなくて良いです。

でも担当者に色々相談に乗ってもらったり、はじめての転職で右も左も分からないので教えてほしいとか、企業の社内風土やキャリアプランの含めて色々聞きたいとか、あるいは未経験から応募したいとかであれば、丁寧なサポート姿勢も念頭に入れて、気になるエージェントを複数同時並行で利用すると満足度の高い転職活動を進められると思います!

 

Webマーケティング系職種の大まかな分類について

これから一つ一つの転職エージェント/サイトの特徴を説明していきますが、求人の傾向について説明するときの前提知識となる、Webマーケティング職の大まかな分類について解説しておきます。

Webマーケティングの求人というのは、

  • 自社商品・サービス
  • クライアントのWeb課題
  • 広告運用
  • コンテンツ制作

このいずれかからWebマーケティングに携わる求人が大半なんで、このうち自分がどういう関わり方でWebマーケティングに携わりたいのか、さらには大手と中小、BtoBがいいかBtoCのどちらがいいかなども整理しておくと求人選びがスムーズです。

ちなみに自社サービスや商品に関わる求人だと、SNS、ブランドマーケティング、データアナリスト、Webディレクター、ECサイト分析、外部業者との折衝を担うWeb担当などの求人が多いです。

クライアント課題に取り組む場合はWebコンサルタントの募集が多いし、広告なら広告運用担当、LPO関連、営業、コンテンツ制作だとオウンドメディアや動画編集、Web制作ディレクター、コピーライター、Web編集者などが目立ちますね。

さらに実際の選考では各4業種で見られるポイントだったり、求められる適正スキルが全然違うので、同じ職種の募集であっても、どこの業種の求人かによってアピールすべきポイントも異なってきますから、その特徴も考慮しておくこと。

各業種ごとの採用傾向の違い、仕事内容の違いについては「【Webマーケティングの転職事情】Web系の業界構造や職種ごとの採用傾向の違いについて」の記事で取り上げているので、まだ業界内の事情を詳しく把握できていない方はぜひ目を通しておくことをオススメします。

【Webマーケティングの転職】業界構造や職種ごとの採用傾向について

ではこれから、Webマーケティングにおける各転職エージェントや転職サイトの特徴について解説していきます。

 

Webマーケティングにおすすめの転職エージェント① マイナビエージェント

マイナビエージェントの登録申し込みページのスクリーンショット

総合オススメ度 S

>> マイナビエージェント【公式】

大手優良企業の事業会社系のWebマーケティング求人が豊富です。

マイナビエージェントでは本当に誰でも知ってるような東証一部上場クラスの超大手企業だったり、中小規模でも知名度のあるブランド、製品、サービスを展開する企業の求人が本当に多いので、事業会社系のWebマーケティング求人を探している方はぜひ登録しておくことをオススメします。

私がマイナビエージェントを利用したときは、コンサルタント系求人が少なくて、広告代理店や制作系がちょっと見られるぐらい、8割ぐらいは超大手~中堅の事業会社系求人でしたので、未経験からでは応募できる求人紹介は難しいと思います。

逆に業界内でスキルや実績を積んできて、これまでの経歴を活かす形で大手事業会社にキャリアアップ転職を目指すような20代後半~30代半ばぐらいの人はマイナビエージェントと相性が良い超ドンピシャ属性だと思うので、こういう方はぜひマイナビエージェントを利用してみてください。

マイナビエージェントの担当者は業界知識も深いため詳細なWeb関係の数字や実績についても普通に話が通じますし、職務経歴書の添削も相当入念に見てくれるなど対応も親身なんで、サポート面についても安心ですよ!

>> マイナビエージェント【公式】

面談拠点…

東京、札幌、横浜、名古屋、大阪、福岡、電話面談

マイナビエージェントを使ってみた感想:20代後半~30代のキャリアップに最適

 

doda

doda転職エージェントサービス申込みページのスクリーンショット

総合オススメ度 S

>>

>> dodaエージェント【公式】

自社事業、コンサル、制作、広告と4分野で中小、ベンチャー、大手まで満遍なく求人を持っている転職エージェントで、特に事業会社系の求人はインフラ系から自社開発サービスまでかなり幅広く、コンサルティング系のWebマーケティング求人もかなり揃っています。

マイナビエージェントほどの超大手求人は少ないですが、dodaに登録しておくとかなり広範囲のWebマーケティング求人をカバーできるので、求人情報の収集という意味でも”幅広く使える転職エージェント”です。

dodaは求人も豊富ですが、それ以上にキャリアカウンセリングの質が業界内で突出して高いので、自分の強みや実績の棚卸し、職務経歴書の添削など、一度ここのキャリアカウンセリングを受けておくとその後の転職活動が相当スムーズになります。担当者は前向きで優しい方が多いですから、あまり自分のキャリアやスキルに自信がないような方でも安心して利用して大丈夫です。

私も色んな転職エージェントを利用しましたが、個人的な満足度はダントツでdodaが高かったですし、リアルな友人にも嘘偽りなく薦めるぐらい気持ちよく利用させて貰いました。

第二新卒や未経験からの転職にも積極的なので、未経験からWebマーケティング職に応募したい方はdodaをまず頼るというのは非常に賢い選択だと思いますね。

>>

>> dodaエージェント【公式】

面談拠点…

東京、札幌、仙台、横浜、名古屋、大阪、岡山、広島、福岡、電話面談

親身な個別対応に大満足!dodaを使ってみた感想

 

ワークポート

ワークポートの申し込みページのスクリーンショット

総合オススメ度 A

>>

>> ワークポート【公式】

知名度は低いものの、中小~中堅どころのWebマーケティング求人を沢山持っているのがワークポートです。特に広告運用、中小企業の自社商品に関するWebマーケティング、制作領域での求人が得意領域です。

ワークポートは大手求人は期待できませんが、「こんな会社あるんだ」と思うようなベンチャー、中小~中堅どころでの若手担当者レベルの求人が多く揃ってるため、20代~30代ぐらい、それもスキルや実績にあまり自信がないようなタイプがむしろ相性が良いと思います。

制作、広告運用、Webディレクター、Web編集といった未経験からでも潜り込みやすい職種での求人が多いので、「【Webマーケティングの転職事情】Web系の業界構造や職種ごとの採用傾向の違いについて」で紹介しているような第三階層~第四紀層に属する現場に近い職種への転職ならワークポートがオススメです。

ワークポートは顧客対応は親身で丁寧なんですが、もともとITエンジニア専門の転職エージェントのため、Webマーケティングの業界知識は正直イマイチです。実績やスキル把握も弱いですし、職務経歴書の添削も結構あっさりしてます。

また大手出身者とか、既に業界内で実績やスキルを磨いてきたようなハイレベルな方にとっては、ワークポートの求人は物足りないと思うので、やはり未経験からの転職とか、20代~30代の若手担当者レベルで中小企業でWebマーケティング転職を目指すような方が利用すべき転職エージェントだと思います。

>>

>> ワークポート【公式】

面談拠点…

東京、仙台、埼玉、五反田、横浜、名古屋、大阪、神戸、福岡、電話面談

ワークポートを使ってみた感想/IT・ゲーム業界志望の人と相性良し!

 

パソナキャリア

パソナキャリアの申し込みページのスクリーンショット

総合オススメ度 A

>>

パソナキャリア【公式】

業界随一の丁寧親身なサポートが売りのパソナキャリアでは、事業会社、コンサルティング系、広告代理店の求人が特に充実していて、制作領域についてはWebはイマイチ、ITエンジニアだと開発系企業からの求人が豊富です。

パソナキャリアの求人は他社でもよく見る求人が多いんですが、昔からあるような伝統企業の自社マーケティングの求人が多い印象があって、例えばインフラ系でのデータアナリストとか、製薬系、大手製造業といった比較的大手の事業会社系のマーケティング求人が多かったです。

コンサルティングも有名企業のWeb関連の部署での募集がほとんどで、広告代理店で中堅どころが少しあるぐらい、制作関係の求人は私のときはほとんど見かけませんでした。Webマーケティングに限っては大手求人がやっぱり多いので、やはり業界経験者で大手志向で事業会社でマーケティングに携わりたい方がパソナキャリアには合うと思いますね。

パソナキャリアは対応は非常に親身で丁寧なのでサポートの質は申し分ありません。伝統的に女性の転職にも強いので、これまでのキャリアを存分に活かして大手に行くぞ!っていうような方はぜひ登録してみて下さい。

>>

パソナキャリア【公式】

面談拠点…

東京、静岡、名古屋、大阪、広島、福岡、電話面談

パソナキャリアを使ってみた感想:丁寧で親身な対応は評判通り

 

リクルートエージェント

リクルートエージェントの申し込みページのスクリーンショット

総合オススメ度 C

>> リクルートエージェント【公式】

求人数がとにかく多いのがリクルートエージェントの強み。特に自社サービス系、広告代理店、制作領域のWebマーケティング求人に強く、全国の零細から中小から大手、東証一部上場クラスの超大手まで様々な求人を持っています。

私が利用したときはコンサルティング系の求人はやや弱く、制作系、広告代理店はベンチャー企業から中堅どころが目立ち、事業会社系の求人は中堅メーカーから超大手まで揃っている印象でした。

ただリクルートエージェントは担当者対応のクオリティが業界内で突出して低く、数より質重視のため個別対応にも消極的なので、きめ細かい個別サポートをお求めの方はまず辞めておいたほうが良いです。担当者との面談も「求職者の人材価値を査定する」という目的で行われるため、驚くほどの上から目線、横柄な言葉遣いばかりだったため、私は最初の面談のみで利用を中止してしまいました。

私は大手よりもベンチャー系の求人が欲しかったのですが、過去の経歴を振り返ってため息を連発され、「あなたに大手は絶対無理です」といきなり言われたり、求人票を出すときには「これぐらいの求人しかないっすね~」と発言されました。これぐらいの求人って何だよって思いますよね、これぐらいって…。

リクルートエージェントは求人だけはとにかく多いので、特に制作領域や広告代理店関係で求人を確保したい方には便利なんですが、私は担当者のサポートの質が悪すぎて正直全く使う気になれませんでした。

私の知人も「Webマーケティング職」を希望してるのにWebデザイナーの求人を大量に出されて応募を強要されたり、職務経歴書の修正版を担当者に送ったら古い方の職務経歴書を企業に応募されてたとか、業界最大手なんですけど、ここだけの話あんまりいい評判は聞かないエージェントなんですよねぇ。。。

>> リクルートエージェント【公式】

面談拠点…

東京、札幌、仙台、宇都宮、さいたま、千葉、立川、横浜、静岡、名古屋、京都、大阪、神戸、岡山、広島、福岡、電話面談

リクルートエージェントの評判と特徴/実際に使ってみた感想

 

Green

IT/Web系専門の転職サイト「Green」のトップページのスクリーンショット

総合オススメ度 B

>> Green【公式】

GreenはIT/Web系専門の転職サイトで、全国の広告、制作、コンサルティング系求人が特に掲載されています。

自社サービス系や事業会社系の求人は伝統的企業のものは少なく、これから伸びていくような若いWeb系の会社だったり、中堅規模のベンチャー企業求人、あるいはメルカリやサイバーエージェント、DeNAなどWeb系大手の求人が中心です。

大手事業会社のWebマーケティング求人を希望する方は転職エージェントを使うべきですが、転職エージェントにはなかなか出てこない求人を探したい方、あるいはエージェントでは思うような求人に出会えなかった場合はこちらで求人を探すと目を引くものが見つかるんじゃないかと思います。

Greenでは求人掲載サイトのため担当者による職務経歴書添削などのサポートが一切ありませんので、転職活動に不安がある方は一度dodaやマイナビエージェントなどでキャリアカウンセリングを受けて書類添削やアドバイスを受け、そこから自力応募でGreenを使うと転職活動もスムーズに行くかと思います!

>> Green【公式】

 

その他…レバテックキャリア、JACリクルートメント、ギークリー

これら以外では、レバテックキャリアはエンジニアなどの技術系職種の求人が大半でWebマーケティング求人は少なかったため私は利用しませんでした。

JACリクルートメントも面談を受けて求人紹介をしてもらったのでしが、きゅうじんが他社エージェントと全く同じでしたし、紹介求人数が非常に少なく、さらに特別にサポートが充実していた訳でもなかったため、JACリクルートメントをメインで使う理由が特に見つかりませんでした。

最後にIT/ゲーム、Web業界専門の転職エージェントとして知られるGeekly(ギークリー)なんですが、こちらは首都圏の求人のみの扱いで、残念ながら私が居住している地域では利用できませんでした。

私がもし首都圏で転職活動をしていたら利用していたと思うのですが、実際のGeekly利用者からいろいろ話を聞くと、「意外と評判が悪い」という一面がありまして、カウンセリング内容が浅いとか、担当者対応がイマイチなどの声も頻繁に届いているので、実際のところはイマイチなのかなぁという印象を持っています。

 

まとめ

以上、長々と記載してきましたが、私が実際に転職活動で利用してきた転職エージェントや転職サイトの印象や特徴が何となく理解できたかと思います。

事業会社系のWebマーケティング求人を希望する場合、マイナビエージェント、doda、パソナキャリアが非常に有力な転職エージェントですし、コンサルティング系であればdoda、広告系ならパソナキャリアかワークポート、制作領域ならワークポートやdodaあたりで見つけやすいと思います。

Webマーケティング転職は実績やスキルをどれだけ具体的な数字でアピールできるかにかかっているんで、ぜひ親身な担当者を味方につけて、書類選考や面接で評価を引き出しやすいアピール方法を見つけ出していってほしいと思います!

【Webマーケティングの転職】業界構造や職種ごとの採用傾向について

 

-Webマーケティング

Copyright© ワタシの転職エージェント , 2019 All Rights Reserved.