転職エージェント

マイナビエージェントを使ってみた感想:20代後半~30代のキャリアップに最適

マイナビエージェントの受付写真

マイナビエージェントはどんな特徴があるエージェントなのか?

実際にマイナビエージェントを使って転職活動を体験した私個人の感想と、実際に利用経験がある方々の意見をもとに、実体験ベースでの評判を紹介します。

この記事の内容は個人の感想による主観的な内容になっていますが、全て実体験に基づいた内容になっていますので、マイナビエージェントが見せる姿の一面として参考になれば幸いです。

マイナビエージェント【公式】

 

マイナビエージェントの特徴・評判

マイナビエージェントのパンフレット資料

マイナビエージェントは20代~30代半ばぐらいのキャリアアップ転職の支援を得意分野にしており、担当者により親身丁寧なサポートと、最後まで責任を持って求職者の面倒を見てくれる転職エージェントです。

全社的に20代~30代を重点的に支援する方針を明確に打ち出しているのがマイナビエージェントの特徴です。

実際にマイナビエージェントを利用した私個人の印象と、さらにマイナビエージェントを使って転職活動をした経験ある人たちの意見を集約し、各項目を4段階評価で主観的に査定してみました。

※各項、S→A→B→Cの4段階評価

総合オススメ度 S
求人数 C
求人の質 S
求人紹介精度 S
企業の情報量 A
キャリア提案力 S
職務経歴書の添削 S
面接対策 S
担当者の親身さ S
スピード A
対象地域 全国
未経験/異業種転職 積極的
担当者の誘導

面談拠点…東京、札幌、横浜、名古屋、大阪、福岡、電話面談

20代~30代は転職自体が初めての人や第二新卒の転職希望者が非常に多い年代なので、キャリア提案力に長けた担当者が多く、職務経歴書の添削、面接対策も充実しています。

求人の質も高く、優良企業や大手企業の求人が多いのでブラック企業を引きにくいことでも知られていて、スキル把握や強み発掘のヒアリング能力も高いので、異業種や未経験職種への転職にも積極的です。

ただし求人数が少ないのが弱点で、一つ一つの「質」が高い分「量」が足らず、求人の希望条件を限定しすぎると目当ての求人が全く出てこないことがよくあります。

マイナビエージェントは20代~30代のキャリアアップ転職の支援を重点的に行う会社なので、40代以上、管理職、年収700万以上のようなハイスペック転職は苦手にしており、フリーターや正社員経験がない人の転職支援も行いません。

以上の特徴から、もしマイナビエージェントを利用するのであれば、20代~30代(後半までなら大丈夫)であることを前提とし、その上で

  • 求職者に寄り添う親身なサポートを求める人
  • 初めての転職で知識がなく不安だらけな人
  • プロに相談しながら転職の可能性を幅広く探りたい人
  • 未経験や異業種への転職を希望している人
  • 第二新卒で自分の強みや売り込み方が分からない人

このような人が利用すると、マイナビエージェントとの相性が良いと思います。

「量はともかく質は高い」のがマイナビエージェントの特徴なので、丁寧で親身な個別対応型のサポートを提供して欲しいという方なら、非常に満足度の高い転職支援を受けられると思います。

マイナビエージェント【公式】

 

実際に使ってみた!マイナビエージェントの面談を受けた感想

マイナビエージェントの面談部屋の写真

公式サイトで登録手続きが終わると、数時間後にはメールと電話で面談の日程調整の連絡が入ります。面談日程が決まった後は、当日までに職務経歴書や履歴書、事前アンケートに必要事項を記入し、事前に担当者に送付しておきます。

面談はマイナビの全国各拠点(東京、札幌、横浜、名古屋、大阪、福岡)、もしくは電話にて実施。

私は対面で実施したためオフィス受付で来訪を伝え、小部屋に通された後、担当の方と面談を行いました。担当の人は30代前半の男性で、面談は全部で1時間15分ほど時間を取って頂けました。

実際の面談では、最初に過去の経歴を振り返りながらのヒアリングを行い

  • 高校から大学、専門学校、就職までの経歴
  • 職務経験と転職回数
  • 今の会社を選んだ理由、企業選びの軸
  • 転職理由

などを丁寧にヒアリングし、その人の価値観や適性(人柄)などを精査して頂きました。

その後で希望業界や希望職種、勤務地など「どういう求人を求めているか」の希望確認があり、担当者は求人を探すため一時的に離席。約10分ほどで担当者が束になった求人票を持って戻ってきて、一つ一つ紹介が始まる、という流れでした。

目の前で求人を紹介してもらいながら、興味があるものないものに選別し、求人に関する質問や疑問点を解消していきます。

選別が一通り終わると転職活動全般に関するアドバイスをもらい、職務経歴書の添削、お互いの質疑応答、今後の流れについて説明があって、面談は約1時間15分ほどで終了となりました。

出してもらった求人はその場で応募するかどうかを全て決める必要はなく、後日マイページから応募、辞退を選べることができます。

応募したい求人がある場合は担当者を通じて企業に書類を送付して選考がスタートし、再度別の求人紹介を希望する場合も担当者を通じてマイページに反映してもらうという流れです。

応募企業が面接まで進むと、志望動機の添削や面接対策、応募先企業の営業担当の人から選考に役立つ情報の提供があり、希望すれば再度対面で模擬面接も実施してくれ、内定が出るまで徹底した転職サポートが続きます。

マイナビエージェント【公式】

 

面倒見がよく丁寧親切なサポートがマイナビエージェントの特徴

実際にマイナビエージェントで面談を受けた感想ですが、「面倒見がよく丁寧で親切なサポートを提供し、こちらが相手を頼り続ける限り、しっかり応えてくれる姿勢」がマイナビエージェントの特徴だと感じました。

私は当時30歳過ぎで転職が初めての相談でしたが、転職活動の進め方を丁寧に説明してくれましたし、基本的なヒアリングの後、自分のスキルや希望に合った今後のキャリア提案も具体的に提示して貰いました。

自分にどんな業界の仕事に可能性があるかを事細かに提示し、業界情報や具体的な企業のことも含めたハイレベルなキャリアカウンセリングでしたので、個人的にはとても有意義なものだったと思います。

マイナビエージェントの担当者は優しい雰囲気で話しやすい方が多いのですが、良い意味で気が強目の方が多く、ややSっ気のある担当者が多い印象です。

言い難いことであっても「良いところは良い」、「ダメなところはダメ」とハッキリ指摘してくれるので、真剣に自分の転職に向き合ってくれているという信頼を置く事ができました。

マイナビエージェントは20代~30代の転職支援をメインで行う転職エージェントですが、本気で自分の転職に向き合い、自分の将来を一緒に考えながら親身にサポートして欲しいという方と相性がよいと思います。

マイナビエージェント【公式】

 

 利用体験者の声 

30代女性 保険/コールセンター

担当の方が本当に親身になってサポートしてくれます。最初の面談では、私の転職の軸が漠然としていたため、丁寧にヒアリングして下さり転職の軸を決め、その軸に合うような企業を10以上提案してくれました。

職務履歴書の添削もしてくれ、書類選考通過や面接日程の調整もメールや電話でマメに連絡を取ってくれます。

企業担当という方もいらっしゃり、面接を受ける前には企業担当の方から企業の説明と面接ではどのようなことを聞かれるのかを丁寧に教えてくれるので、準備をしてから面接に臨むことができたのも安心出来ました。

リクルートエージェントやパソナキャリアなどと比較すると求人数が少ないですが、担当の方が親身になって職務履歴書や面接の対策をしてくれる点がマイナビエージェントの特徴だと、転職エージェントを比較しているサイトで目にしていたので、好印象に思っていました。

ネットでの評判から受けていた印象と変わらず、担当の方が親身になってサポートしてくれることを実感しました。

面接前には「頑張って下さいね」面接後には「どうでしたか?」など常に気にかけて下さり、1人で転職活動を行うよりもマイナビエージェントを利用したほうが効率よく転職活動が行えると思いました。

 利用体験者の声 

20代男性 IT/ネットワークエンジニア

担当の方と密に連絡を取り、面接練習からスケジューリングまで丁寧にしてくださるので楽でした。

担当の方がいい意味で少し気の強い女性だったので、ダメなところはダメと言ってくれて私にとっては非常にやりやすかったです。

20代後半ぐらいの活発な雰囲気の女性の方で、転職のプロとしての意識を強く感じました。

ところどころで少し砕けた言葉も使われていたのでラフな雰囲気で話せましたし、細かいライフスタイルのヒアリングや、初めて転職をする私への細かい説明があったので転職に対する不安もすぐに無くなりました。

他のエージェントの担当の方は丁寧でしたが業務的な対応に感じていましたが、マイナビエージェントの担当の方は人間味があり熱心に対応をしてくださいました。

未経験可の求人に絞って求人を探していただき、何社か書類選考は通ったので経歴に関しての問題はありませんでした。転職の進め方は担当の方が一から丁寧に教えてくださったので不安は解消されました。

職務経歴書、履歴書は添削をしてくださり選考のスケジュールも組んでくださり、20~30件ほどの紹介で10件ほど応募し3件で内定。

初めての転職活動でしたけどスムーズに終えることができました。

 利用体験者の声 

20代男性 IT/システムエンジニア

転職希望者に対してキャリアカウンセラーが費やしてくれる時間や情報量が多く、在職中でもスムーズに転職活動を行うことができました。

「不安に思うことがあったらいつでもメールや電話して下さいね」など気軽に話やすい雰囲気作りもしてくれるので安心して身を任せることができると思います。

職務履歴書の添削、面接のスケージュリング、面接対策など転職活動を有利に進めてもらうためにサポートして下さる姿勢も好感が持て、担当の方のおかげで内定が頂けたと思っています。

 

リクルートエージェントとマイナビエージェントと比較してみて

リクルートエージェントとマイナビエージェントの2社のパンフレットにある公式ロゴを並べた写真

私はマイナビエージェントの面談前にリクルートエージェントの面談を受けていたのですが、マイナビエージェントは「量より質」リクルートエージェントは「質より量」を重視する対象的な社風だと感じました。

例えばリクルートエージェントでは転職支援期間は3ヶ月までと事前に期限が決まっていて、自社利益に繋がらない求職者は容赦なくバッサリ切り捨てます。

対してマイナビエージェントでは支援期限は設けられておらず、1人の担当者が最後まで面倒を見てくれます。

またリクルートエージェントはノルマがきつく誘導が激しく、1人の社員が担当する求職者の人数がとても多いので、きめ細かいサポートはありません。

しかしマイナビエージェントでは求職者一人当たりに費やす時間と労力が明らかに多いので、一人ひとりの求職者へのサポートもきめ細かく個人向けにアレンジされており、向こうから一方的に切り捨ててくることもありません。

求人にしてもリクルートエージェントは数が多いが質がイマイチ、選別も大雑把ですが、マイナビエージェントは求人の数は少ないものの1社1社の質が非常に高く、ブラック企業を引きにくかった印象です。

あなたが転職エージェントに何を求めるか?によりますが、量より質ならマイナビエージェント、質より量ならリクルートエージェントの方が合っているというのが、両社を実際に使ってみた私の感想です。

マイナビエージェント【公式】

 

 利用体験者の声 

20代男性 人材/営業

リクルートエージェントよりは求人が少ないというイメージはありました。

リクルートエージェントの補助的なものとして考えていましたが、実際に利用させていただくと、自分の好みのものをピンポイントでご案内頂けたので、むしろ良かったです。

いくつかエージェントさんを利用したところ、時期や希望に合わないところも説教まがいの説得で強引に応募の意思を取ろうとしてくるところがありましたが、マイナビエージェントでは強く押してくることも無く、とても丁寧で落ち着いていて、紳士的でした。

選考通過後にやはり違うということを感じた場合も、しつこく粘ったりなどありませんでした。

 利用体験者の声 

20代男性 小売/販売職

仕事探しの相談相手としてとても満足しています。

担当の方はとても丁寧で、私のペースに合わせて下さいました。マイナビさんの会社へ行き、お話をしながら、結構私の強みなどを拾って頂き、自信も持てました。

給与の低さが一番のコンプレックスであり、300万満たない年収を400万にすることが一番の希望でしたが、紹介いただいた求人も私が理想にしていたものが多く、交通費の負担もない面接なども設定して頂きました。

また、求人を断った際なども押しが強くなく、営業マンというよりも親身な相談ができました。

 利用体験者の声 

30代女性 アパレル/販売職

20代後半くらいの女性の方で、可愛らしい明るく話しやすい印象の方でした。

転職することが初めてだった私に対してまずは現職の状況、不満に思っていること、転職してどうなっていきたいのかを親身になって聞いてくれて、私に合いそうな様々な業界の求人を紹介してくれました。

「最後までサポートします」「一緒に頑張っていきましょうね」など前向きな言葉をかけてくれたのでこれから転職を頑張っていこうと思わせてくれました。

マイナビエージェント【公式】

 

キャリア提案力が高い

マイナビエージェントが20代~30代の転職支援に強いということを強く実感したのが、「キャリアコンサルティングの質の高さ」を目の当たりにした時です。

個人的にキャリアカウンセリングの質が高いと感じたのはここマイナビエージェントとdodaで、この2社は業界内でもトップレベルと言ってよいのではないかと思います。

実際に面談では、あなたのこれまでの経歴やスキルをもとに、

  • 今後転職するならどういう業界に可能性がありそうか
  • その人の趣向や希望に合わせたおすすめの業界や職種、その理由
  • 今の業界から転職しやすい異業種の業界や職種の事例
  • 自分の価値観や適性に照らし合わせた業界カウンセリング

これらについて相当深いところまで踏み込んでくれるのですが、この提案内容が他のエージェントよりも具体的で、転職後のスキルアップ事例まで落とし込んでキャリアプランを解説してくれるんですね。

例えばマイナビエージェントで「アパレル企業から他業種」への未経験転職を希望した20代の女性は、

「アパレル販売職を経験している方はコミュニケーション能力が非常に高いため、不動産や保険の営業職、IT業界では顧客の要望をしっかい聞けるスキルが重宝されるシステムエンジニアも転職先として人気です。

女性ですと接客スキルを軸にするならラグジュアリーブランド、アパレル以外の販売職なら化粧品、携帯、保険、ノルマ達成が苦でなければ営業職やテレマーケティングのコールセンター。

ノルマに縛られずにホスピタリティ力の向上を求めるのであれば病院コンシェルジュやマンションコンシェルジュ。マネジメント経験を生かすのであれば人材コーディネーターなど、一口にアパレル販売職といっても様々な業種への転職が考えられます」

というアドバイスをがあったとのこと。

「自分にはもう未経験職種なんて無理ではないか」と不安で仕方なかったけど、マイナビエージェントの担当者にキャリアプランを示してもらったことで「自分でも色んな業界に転職できる可能性がある」ことに気づき、自信を持って転職活動ができたと仰っていました。

また私の面談では、大手メーカーや事業会社のWEB担当、もしくは制作系のWEBディレクターを希望して転職相談をしたのですが、

ご自身の経歴やお話を伺う限り、年功序列で経歴重視でお硬い社風が多い事業会社、特に製造メーカーのウェブ系職種では転職後にミスマッチを起こす可能性が高いことが懸念されます。

社風や企業風土、仕事の進め方は今までのやり方と大きく異なるので、おそらく大手特有の意思決定のペース、プロセスに苦労するのではないか、というのが理由です。

スキル面や実績は相当なものをお持ちなので申し分ないので、周囲との協調が重視され、個人プレーはご法度とされる大手メーカーより、もっとチャレンジングでフットワークが軽い環境の方が強みを発揮しやすいタイプかと思います。

そのため事業会社ではなくコンサルティング会社で、しかも顧客に対して上から目線で強めのWEBコンサルティングをやる、あるいは広告代理店で顧客の課題に向き合う職種の方が、よりご自身のスキルも評価されやすく、仕事での強みも発揮しやすいように思います。

という話だったので、「自分のこと、しっかり見てくれてるんだなぁ」という実感を持つことが出来ました。

このようにマイナビエージェントではあなたの価値観や現状のスキル(経歴)に合った転職の可能性、幅広い方向性を示してくれるキャリアカウンセリングがあります。

20代~30代の転職では「これまでガムシャラに仕事を頑張ってきたけど、一度ここで他の業界も検討したい」という、転職先の業界は決まってないが異業種への転職を希望しているという方も多いと思います。

また第二新卒や20代半ばで、これといった仕事の業績や実績がなく、自分の強みもアピールポイントも見つけられず、これから進むべき方向性を自分でも分かっていない人も多いと思います。

そのような場合、これまでの経歴やスキルの棚卸しにベースを置いたマイナビエージェントのキャリア提案は非常に価値が高いんじゃないかと思います。

マイナビエージェント【公式】

 

 利用体験者の声 

20代男性 IT/システムエンジニア

マイナビエージェントは第二新卒を得意としている印象です。

第二新卒の方はほとんどが初めての転職だと思いますし、私自身もそうだったのですが、やはり初めてのことなので転職は不安に思っていました。

しかし、マイナエージェントは転職についての初歩的な内容から選考の進め方まで詳しく教えてくれてサポートも手厚いので不安はすぐに解消されました。

また「未経験職種への転職(キャリアチェンジ)」もマイナビエージェントの得意分野だと感じます。

私はアパレル販売職からIT業界へと全くの畑違いの業界へ転職をしました。マイナエージェントは異業種への転職実績も多数あるので安心して相談ができ、自分に合った求人も提供してくれました。

初めて転職活動を行う人にも使う価値があると思います。

理由は、私自身初めての転職活動を1か月かからずスムーズに終えることができたからです。担当の方にも気軽に相談ができる環境なので、私のように初めての転職活動でも分かりやすく楽に進めることができると思います。

ただし大量の求人から選び何十社も応募したい!という方は他のエージェントサービスと並行して利用したほうがいいと思います。

提供される求人数は他サービスよりもおそらく少ないので、多くの情報に触れ比較したほうがいいと思うからです。

 利用体験者の声 

30代女性 保険/コールセンター

現在正社員として働いていて、スキルアップをするために転職したい20代~30代の転職希望者をマイナビエージェントでは優遇していると感じました。

どこの転職エージェントにも共通することだとは思いますが、キャリアカウンセラーはできるだけ転職意欲のある優秀な人材を企業に紹介したいと思います。

マイナビエージェントは社会人経験があれば資格やハイキャリアなどがなくても20代~30代前半くらいであれば優遇してくれると感じました。

なぜなら特に資格を持っていたりしない自分でも求人を紹介してもらえたからです。20代であれば未経験職種なども募集が多いのでもっと可能性が広がるのではないかと思います。

 利用体験者の声 

30代女性 アパレル/販売職

マイナビエージェントは初めて転職活動をする人こそ価値があると思います。

なぜならキャリアカウンセラーの方が親身になって話を聞いてくれて一人一人に合った転職活動の進め方や求人を提案してくれるからです。

女性なのでこの先のライフステージの変化に対応出来るような福利厚生(産休・育休の取得率、復職率)なども考慮した方が長く働き続けやすいと思いますよとアドバイスも貰いました。

求人票だけでは分からない企業の社風や職場の雰囲気、面接で聞かれることなど転職活動を優位に進めることができる価値ある情報を提供してくれます。

あまりにも無理なことはキャリアカウンセラーも「それは難しいです」とはっきり言ってくれるので、自分が何を最優先して何を妥協すれば良いかが明確になり、転職活動を進めやすくなりました。

逆に1人でマイペースに転職活動を進めたい人はオススメしません。

なぜならキャリアカウンセラーからのメールや電話がマメなのと最初の面談以外にも途中経過の面談でオフィスに呼ばれることが多いので、自分でスケジュールを立てて転職活動を進めたい人はマイナビエージェントは使わないほうがいいと思うからです。

 

マイナビエージェントを使うことで自分一人では探し出せない求人に巡り会える

マイナビエージェントは異業種や未経験職種への転職にも積極的です。

転職サイトでは業界や職種を自分で指定しなければいけませんが、マイナビエージェントのようなキャリア提案力を受けると、今まで自分が見向きもしていなかった業界にも目が向くようになります。

希望業界や職種が既に決まっている場合はマイナビエージェントを使うメリットは少ないのですが、もし異業種を含めて色んな業界を幅広く検討したい方であれば、一度キャリアプランを含めて担当の方に見てもらうのも効果的だと思います。

詳しくは後で記載しますが、マイナビエージェントは求人数が少ないので転職先の条件が細かく決まっている人よりも、自分のスキルや経歴をベースに、一緒に転職先のイメージを膨らませて行くような「条件がまだ曖昧な人の転職」の方が相性が良いと思います。

マイナビエージェント【公式】

 

求人の質は高い!ホワイト系、優良大手の求人も多し

マイナビエージェントの求人票の写真

マイナビエージェントの求人は質が高いです。

大手から中小、中堅まで揃っていて、私が紹介してもらった求人は知名度のある大手企業の求人が多かった印象です。経営基盤がしっかりしている会社の求人を揃えているので、明らかなブラック求人や大量採用が前提の糞求人は出来るだけ弾いているように思いました。

紹介してもらった求人は転職会議、カイシャの評判、Vorkersなどの口コミサイトでも確認しましたが、平均して3.5以上の評価がある企業が中心で、少なくとも口コミサイトを見て応募する気が完全に失せてしまうようなことは無かったです。

30代になると家庭を持っている方も多いと思いますが、その点では福利厚生がしっかりしているなど、長く安心して働ける優良企業の求人は少なからず揃えているので、求人の質にこだわる方はよい相談先かなと思います。

ただしマイナビエージェントは他社と比べて明らかに求人数少ないので、条件を絞るとそれに合う求人がほぼ無くなることと、求人紹介のマッチング精度が下がる点だけが懸念点かなと思います。

マイナビエージェント【公式】

 

 利用体験者の声 

20代男性 小売/販売職

こういうところもあるんだという発見と、他社では案内いただけなかった大手の求人などもご案内頂けたので、自分を評価して頂いてると思いました。

年収も高く、福利厚生も充実した有名企業の求人をご案内頂けました。他社は数が多く、希望の条件を満遍なく7割ほど満たす求人でした。

マイナビさんは叶えたい条件でとくに私に刺さる部分を抑えた求人をご案内いただきました。

不満を強いて言うなら、他のエージェントは求人がもっと豊富でした。希望するものがもっと多くあればいいなと思いました。

 利用体験者の声 

30代女性 アパレル/販売職

自分で転職サイトなどで探しているだけでは見つけられなかったと思う求人ばかりでした。

  • これから10年以上長く働き続けられる企業
  • 販売職での経験を活かしてやりがいを感じられる仕事

という条件を満たしてくれている企業だと思ったので、私が求める求人、ヒアリングや面談内容を考慮した求人をきちんと紹介してもらえたと思います。

他のエージェントを利用していないので比較はできませんが、福利厚生や安定性のある信頼できそうな企業の求人が多かったので求人の質は良いと感じました。

紹介された企業は大手企業が多かったからかもしれませんが、口コミサイトでも★が4つの企業がほとんどで評価も良く、応募することへの不安が和らぎました。

 利用体験者の声 

20代男性 アパレル/販売職

大手企業より、信頼のある中小企業を紹介して頂いた印象です。dodaエージェントは大手企業の求人が多かったです。

マイナビエージェントは担当の方が選んだ求人だけ紹介されるのに対し、dodaエージェントは自動メールで一日何十件もメールが届くので、求人があらかじめ絞られているという点でマイナビエージェントのほうが求人の質は高く感じました。

 利用体験者の声 

20代男性 地方銀行員

一般の大手の会社の求人は当然ありますが、中小企業やベンチャー企業などの求人も比較的多い印象がありました。

またエージェントから提案される求人の数、提案のスピードの速さは抜群だと思いました。

なので、早めに転職活動を終えたい方にはお勧めできます。ただその一方、必ずしも質の高い求人というわけではないので、自分でしっかりと判断する必要はあります。

 

職務経歴書の添削、面接対策も具体的でクオリティが高い

マイナビエージェントの面談部屋の写真

マイナビエージェントは20代~30代の転職支援がメインなので、知識がない人への職務経歴書の指導を大変得意にしています。

実際に私もマイナビエージェントで職務経歴書の添削を受けましたが、事前に調べていた評判通り、マイナビエージェントの書類添削は他エージェントに比べて明らかに質が高いと感じました。

マイナビエージェントの利用者の多くは職務経歴書の書き方の基本が分かっていない人、そもそも「何を書けばいいか分からない」とか「書くことがない」というレベルの方が多いので、担当の方もレクチャーは慣れている様子で、嫌な顔ひとつせず0から書き方を丁寧に教えてくれました。

ここで一度書類を添削して貰えば、実戦で通用する一定レベル以上の職務経歴書に最低限仕上がります。

添削後はマイナビ経由の応募以外かどうかに関わらず、書類選考の通過率は明らかに上がるはずですし、実際私も通過率は平均より高かったです。

具体的にマイナビエージェントの職務経歴書の添削が他社と比べて何が違うのかと言うと、

  1. 見た目の重要性や理想的な枚数について解説があった
  2. 具体的な数字の書き方、数字以外の内容の書き方を教えてくれた
  3. 他エージェント以上にダメ出しがあるので、質の高い職務経歴書が出来上がった
  4. 何往復もする添削に、納得いくまで付き合ってくれた

これらのポイントで、私は特に好印象を持ちました。

例えば職務経歴書の枚数はA4で2枚程度が理想で、3枚以上だとアピールポイントがぼやけて最後まで読んでもらえない可能性があるので注意すること、1枚だと「もっと書くこと無いの?」と思われる可能性が高くなるなど、誰に聞くでもない基本すぎる内容も丁寧に説明があったので、初めて職務経歴書を書く自分にとって非常に参考になる内容ばかりでした。

具体的な数字を記載する際は、面談中のヒアリングで出てきた数字(営業成績、社内順位、予算達成率、粗利、獲得件数、成約率など)を極限まで具現化して書くようにアドバイスされ、終始「記載できるものはとにかく具体的に!」という数字の記載、具体性の重要性を教えてもらえ、添削前後では見違えるほど具体性が増しました。

第二新卒を筆頭に、記載できる数字がない場合は「どのようにその仕事を工夫したのか」、「どういう姿勢で仕事に取り組んで、その結果どうなったか」という仕事に対する姿勢を示すエピソードを積極的に織り交ぜたることも要求されたので、数字以外の部分の記載方法のレクチャーもしっかりあります。

私としては「こんな数字やエピソードがアピールになるのかな?」と躊躇していたものも沢山ありましたが、「こういうものでもいいんですか?」と聞くと「もちろんです!」という前向きな回答を貰え、自信を持って記載することが出来ました。

マイナビエージェントの職務経歴書の指導ページのスクリーンショット

マイナビエージェント公式サイトの職務経歴書の書き方のページ

特に具体的な実績や数字を記載する部分は何度も強調&ダメ出しを食らった部分で、一番最初は「この内容では損しています」とハッキリ言われ、「数字をもっと具体的に、こことかこことか、もっと丁寧に書かないとご自身のスキルが充分に伝わりきれていないので、非常にもったいないです」と結構なスパルタで添削がスタートしました。

ちなみにこの職務経歴書は他のエージェントでは「よく出来ています」とか「数字がもっと具体的だといいですね」ぐらいの添削でそこそこの評価だったものですが、マイナビエージェントではダメ出しを喰らいましたので、マイナビエージェントの求職者の価値を少しでも高めようとする姿勢は確かだと思います。

赤ペン修正が入った職務経歴書の実物写真

私は面談中に担当者から具体的なアドバイスを貰い、修正指示が入った部分を修正して後日再提出、もう一度修正指示入って修正、という何往復もする添削にも付き合ってもらいました。

これは私が「どうせなら完成度が高い職務経歴書を最初に作っておきたい」というお願いをしたからなのですが、他のエージェントでは軽い添削だけして終わりっていうパターンが多い中、マイナビでは「納得いくまで、とことん最後まで付き合います」と仰ってくれ、信頼して添削をお願いすることができました。

その成果もあってか、書類通過率は平均20%ほどと言われる中、添削後の職務経歴書の通過率は70%ほど(マイナビ以外の応募も含む)と、最初に苦労した分、非常に効率良く面接までたどり着けました。

職務経歴書の添削は他社に比べて(あなたが希望すれば)スパルタ&ハイレベルだと感じましたし、実際マイナビエージェントの添削を受けると書類通過率は上がるはず。

なのでマイナビ以外の応募からの選考通過の可能性を高めるためにも、最初にマイナビの添削を受ける価値は大きいんじゃないかなと思っています。

マイナビエージェント【公式】

 

 利用体験者の声 

30代女性 保険/コールセンター

キャリアカウンセラーからは70点くらいですねと言われました。特に自己PR部分が自分のどんな部分をアピールすれば良いのだろうと迷っていたのでインパクトと簡潔さに欠ける内容でした。

カウンセラーの方からコミュニケーション能力とマネジメント能力の2点を見出しにしてその理由を2、3行で簡潔に分かりやすく直しましょうとアドバイスがあり、それを直したところ書類選考も無事通過することができ、プロのアドバイスを受けることができて良かったと実感しました。

職務経歴書の添削は簡潔で分かりやすく、採用担当の方に読んでいただきやすい文章の書き方など添削して頂けたので書類選考で落ちることも少なかったです。

志望動機の添削、面接対策、どちらもしてもらいました。受ける企業が求める人材に合うような志望動機への書き換えを求人票や企業の採用HPなどから読み取りアドバイスをしてもらいました。

面接対策はキャリアカウンセラーとは別に企業担当のカウンセラーがいらっしゃり、その方からメールで面接での過去の質問事例と、面接前日に電話にて

  1. 企業の概要
  2. 面接はどの役職の人が担当するのか
  3. 面接の雰囲気
  4. 過去の質問事例

などを30分~1時間くらいかけて説明して下さり、疑問に思うことなどに対して丁寧に答えてくれます。

私はそのおかげで安心して面接に向かうことができました。

 

物の言い方が直球だが、マイナビから一方的に見捨てることはない

マイナビエージェントの担当者の支援姿勢は「一緒に頑張りましょう!」という寄り添い型の親身なサポートなのですが、時おり厳しい指摘や耳の痛い事実であっても、その人のためを思ってズバズバ言ってくることがあります。

若い担当者ですと「責任を持ってサポートさせて頂きます!」というフレッシュな感じの方もいますが、真剣に転職支援に向き合っているからなのか、「親身ではあるが、現実的な姿勢も忘れない」というスタンスの担当者が多いように思います。

ただキツイ内容でも言いっぱなしにせず、厳しい事柄をしっかり指摘した上で「じゃあどうするか?」、「どうやって可能性を探るか?」を一緒に考えてフォローまでしっかりくれるのがマイナビエージェントが支持される理由だと思います。

リクルートエージェントでは「可能性がない人にはガシャンと扉を閉じて締め出す」という冷酷さがありますが、マイナビエージェントはこちらがお断りをしない限り、担当者側から一方的に見捨てるようなことは基本的にありません。

面接対策にしても、必要であればオフィスに来社して模擬面接をしてもらったり、応募企業の選考情報を詳細に教えてもらう機機会を設けてくれるなど非常に面倒見が良いので、「こちらが相手を頼れば頼った分だけ、しっかり担当者が応えてくれる」という点で、マイナビエージェントは信頼できると思っています。

マイナビエージェント【公式】

 

 利用体験者の声 

20代男性 IT/ネットワークエンジニア

最初に提出した履歴書・職務経歴書のクオリティが非常に低かった時と、面接練習にあまり準備をせずに行ったときに「このままじゃどこも受かりませんよ」と一喝して頂いたことが印象に残っています。

それからは意識が変わり、最終的には各書類も面接対策もクオリティの高いものにすることができました。

初めての転職活動だったので職務経歴書の書き方がいまいち分かりませんでしたが、最初に提出したとき「書き方が学生っぽい」、「勉強したことではなく、業務を通して得たスキルを具体的に書いて」など、dodaに比べると割とズバズバとアドバイスをくれました。

細かい文章の訂正もしっかりとしてくれたので内容が固まった後は楽に完成させることができ、一連の職務経歴書の添削は非常に参考になりました。

またマイナビエージェントではオフィスに出向いて直接担当の方と行う面接練習と、電話での面接練習がありました。

内容の添削については、「結論ファーストで論理的に話す」ことを最初に言われ、それから企業別にこういうアピールをしたほうがいいと具体的に教えてくれました。

 

マイナビエージェントの悪い評判、弱みについて

ここまでマイナビエージェントのポジティブな感想や評判について紹介してきましたが、ここからはマイナビエージェントの悪い部分、不満に思った部分について記載したいと思います。

マイナビエージェントは「量より質を重視」する社風ですので、自然と「量」の部分の不満が溜まる傾向が強いです。

 

マイナビエージェントは求人数が少ない

マイナビエージェントで紹介された求人票の束

ネガティブな評判、感想の筆頭は「求人数の少なさ」です。

他のサイトでも「マイナビエージェントは求人数こそ少ないが、丁寧で親身なサポートが特徴」という記載をよく目にしましたが、実際に利用してみて本当にその通りだと思いました。

マイナビエージェントは第二新卒や異業種転職、スキルアップ転職のように、業界や職種を限定せず幅広い選択肢から転職の可能性を探っていきたい人の方が相性がよく、求人を沢山紹介して欲しい人、数を重視したい人は正直不向きです。

業界、職種、職務内容、勤務地、年収、残業など求人の希望条件を細かく指定すると、その条件に合う求人が出てこない可能性が高いです。

地域的にも首都圏と関西以外の地域を条件に入れると余計に紹介求人が少なくなるので、登録時の情報を見て「マッチする求人がない」場合は面談を断られるケースもあります。

またマイナビエージェントは20代~30代の転職支援をメインにしていますので、年収700万以上のハイキャリア求人は少ないですし、管理職やハイスキル求人もバリエーションは極小です。

転職先の希望条件が細かく決まっていたり、数を重視したい人であれば、マイナビエージェントよりもリクルートエージェントやdodaの方が希望求人に巡り会える可能性が高いです。

リクルートエージェントの評判と特徴/実際に使ってみた感想

親身な個別対応に大満足!dodaを使ってみた感想

 

求人紹介のマッチング精度が低い

マイナビエージェントは求人の質は良いんですが、とにかく数が少ないので、その人の希望を反映させたきめ細かい求人紹介は大変苦手です。

ヒアリングは丁寧でキャリア提案力も高いのですが、それに応えるだけの求人がマイナビエージェントにどれだけあるか?が問題でして、、一つ一つ見てみると希望条件を満たした求人が全くないというケースも結構あります。

紹介される求人の中には無理やり出してきた感が強いものが多く含まれていて、求人紹介のマッチング精度も高いとは言えません。

私はマイナビで職務内容で限定した希望を出したのですが、紹介を受けたのが22件、その中で現実的に応募して採用可能性がありそうな求人と言うと、全体の2割ぐらい(せいぜい4~5件)でした。

象徴的だったのは、私が出された求人に対し、

「AとBの求人は私には難しいのではないでしょうか?なぜなら、××と△△の理由で、相手企業の企業風土から判断するに自分を好意的に評価するとは思えませんが、いかがでしょうか」と聞いたところ、

担当者は「御本人を前にして言うのは憚(はばか)れますが、おっしゃる通り、正直難しいと思います」との返答だったことで、「じゃあなんで紹介したの?」と正直ムッときました。

マイナビで紹介された求人の中には「これはさすがに無理だろう」とか「これは条件と全然違う」というものも弾かずに全部まとめて持って来ている印象で、数が少ないので求人紹介のマッチング精度も低くなっている印象を持ちました。

何度も言う通りマイナビの求人は質は良いので、自分の希望とマイナビの保有求人がうまくマッチすれば、大変満足度の高い求人紹介を受けられるはずです。

ただしマイナビエージェントを利用する際は「数には期待しない」というスタンスでいることは大事かなと思います。

マイナビエージェント【公式】

 

 利用体験者の声 

20代女性 IT/コールセンター

対応して頂いたエージェントに現在の状況をお話ししたところ、現状の厳しさ、辛さは理解して頂けたように思います。

ただ、私の希望する条件が厳しかったのか、完全に条件を満たす求人がなかったため、条件を変えるか現状でしばらく耐えるかを選択させられました。

初めは親身になってお話を聞いてくれている印象でしたが、紹介できる求人がないためか次第に条件を緩めるのに必死になっていたように感じてしまい、少し残念でした。

私は技術に触れることのできるヘルプデスク職を希望したものの、面談の際に希望条件を満たす求人がなさそうなことはわかっていましたが、求人票を見てやはりがっかりしました。

希望する仕事内容についても理解していただけなかったようで残念でしたし、リクルートエージェントでは戸惑うこともなく紹介可能と言われたので、数の違いを見せつけられたように思います。

希望する求人が見つかり次第連絡はしてくれるというお話しでしたが、なかなか見つからないようで、最終的に、「現状では希望に合う求人がなさそうなので、しばらく現状維持しつつ求人を待つしかない」とオブラートに包んだ形で言われました。

ただしリクルートエージェントと違い、利用者に渡す求人票にしれっと条件に合わない求人を入れるということはありませんでしたので、その点に関してはマイナビエージェントの方が誠実な対応だったように思います。

 利用体験者の声 

20代男性 アパレル/販売職

紹介された求人件数が少し少なかったと感じました。

担当の方が全てアナログで送ってくれる分、求人数はどうしても限られてしまいます。さらに、dodaに比べると全体的に年収が低めの求人が多いと感じました。

 利用体験者の声 

20代女性 医療機器/営業職

マイナビは求人数が少ないので担当者からの「この求人はかなり好条件ですから頑張ってください!」というプレッシャーがかなりありました。

だめだったときに電話で理由を伝えられるのですが私が主にダメだった理由は、事務職としての勤務経験がなくスキルが分からないからという理由でした。

そのため担当者さんから「営業職まで視野を広げてみませんか?」と提案されることが多く、営業職になると私の転職をするうえで持っていた軸を満たさないことになるので断りたのですが、求人数が多かったらこんな提案をされることもないのかもしれません。

電話での面談普段のメールのやりとりで何度も転職の希望条件を伝えており、その条件を満たすのは事務職しかないと説明していたので、「事務職だけに絞ると選択肢が狭まるから営業事務も視野に入れてみない?」という提案なら受け入れられたかもしれませんが、全くの営業職を提案されたことにカチンときました。

取扱求人数の少ないマイナビではピッタリ一致する求人が少なく、あったとしても高倍率で第二新卒の私が通過するのは難しかったため、必然的に何らかの条件を妥協する必要がありました。

 

マイナビエージェントは意外にも経歴重視の社風

マイナビエージェントで配布される案内資料と履歴書を並べた写真

マイナビエージェントは20代~30代向けの転職支援をメインでやっていますが、ベースとなる職務経歴がある人の正社員転職を対象にしていますので、年齢に見合ったキャリアがない人、転職回数が多すぎる人は、登録後の面談(転職支援そのもの)をお断りされるケースがあります。

また面談中にも「スキルや実績はもちろん大事ですが、それ以上に経歴を重視する企業様が多い」とのことで、年齢の割に転職回数が多い人や、中退、フリーター、ブランク(空白期間)、一貫性のない経歴には敏感なようでした。

私も経歴上でややマイナス材料とみられる部分が幾つかあり、それについて相談したところ「正直、この経歴では苦労するだろうなと思います」と指摘されましたし、「なぜ企業が経歴をそこまで重視するのか?」という説明もしっかり受けました。

ただしマイナビエージェントはこういった不利な経歴に関して厳しい現実を指摘するものの、「それでも十分にカバーできるから大丈夫」とか「入社1年でやめた人でも転職している人は沢山いますよ」という前向きな言葉もかけてくれるのが良いところで、「悪いところを受け入れた上で次にどうするか?」の提案やサポートがしっかりしています。

キャリア提案の部分でも説明したとおり、私のネガティブな経歴や価値観に照らし合わせて、「経歴やスキルを考慮すると大手メーカーよりもコンサル系の上から目線で強めに顧客と接することができる職種を狙う方が可能性が広がる」という話まで広げて貰い、厳しい指摘だけで終わらないキャリア提案は非常に親身で、かつ真剣に自分を見てくれていると感じました。

同じく経歴重視のリクルートエージェントは「この人は売れない」と判断すると面談も30分で強制終了、その後は「もう関与したくない」という姿勢を露骨に出して来ましたが、マイナビエージェントは厳しい現実も指摘しつつ、その上でどうするか?を考えてくれるのが特徴で、面談も1時間以上みっちり付き合ってくれました。

マイナビエージェント【公式】

 

マイナビエージェントに向く人、向かない人(まとめ)

マイナビエージェントの登録申し込みページのスクリーンショット

以上の特徴から、マイナビエージェントは20代~30代のスキルアップ転職を得意領域としており、担当者の親身な対応、真剣に自分と向き合って面倒を見てくれるサポート力の高い転職エージェントだと言えます。

特に職務経歴書の添削、キャリア提案力はハイレベルで、未経験や異業種への転職にも積極的で、

  • 初めての転職で知識がなく不安だらけな人
  • 少数でも質の高い優良求人を希望する人
  • 求職者に寄り添う親身なサポートを求める人
  • プロに相談しながら転職先の可能性を探りたい人
  • 未経験や異業種への転職を希望している人
  • 書類選考に通らず、自分で書いた職務経歴書を添削して欲しい人
  • 20代~30代半ばでキャリアアップ転職を目指している人
  • 第二新卒者向けの親身な転職サポートを求めている人

このような方々はマイナビエージェントで満足の行く転職支援を受けられることだと思います。

逆に

  • 求人を多く確保したい人
  • 希望する転職先の条件(業界、職種、地域、年収)が細かく決まっている人
  • サポートは不要なので求人だけ紹介して欲しい人
  • 40代以上、あるいは年収800万以上のハイスキル求人を探している人
  • 中退や空白期間があり、正社員経験がない人
  • 現在フリーター、あるいは空白期間が長い人
  • 転職回数が多く、年齢に見合ったキャリアがない人

このような方々はマイナビエージェントを使うべきではありません。求人数を重視したいのであれば、リクルートエージェントdodaを利用することをお勧めします。

これらの特徴を踏まえ、マイナビエージェントに転職支援をお願いしたいという意志が固まった方は、下記リンク先より転職支援サービスをお申し込みください。

マイナビエージェント【公式】

 

 

-転職エージェント

Copyright© ワタシの転職エージェント , 2019 All Rights Reserved.