転職エージェント

JACリクルートメントの評判と感想/20代~30代の経験者転職向け

JACリクルートメントの正面玄関の写真

JACリクルートメントは20代後半~40代の経験者向けの転職支援に強みを持つ転職エージェントです。

公式サイトでも年収600万以上、800万以上、2,000万などの数字が踊っているため高年収求人がよほど多いのかと思いましたが、実際に利用してみると正直そこまで高年収求人が多いという印象はありませんでした。

ただ経験者向けのキャリアアップ転職には実績があるため、金融機関、メーカー、コンサルなどの業界で一貫性のある経歴をお持ちお持ちの方、転職慣れしているような人であれば利用価値が大きいと思います。

この記事では実際にJACリクルートメントを利用してみたときの感想をまとめ、記事の後半では利用者からの口コミも掲載しました。転職支援サービスへの登録を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

>> JACリクルートメントに登録する
転職支援サービスは無料で利用できます

 

JACリクルートメントの評判と特徴、強み

JACリクルートメントの資料パンフレット

実際にJACリクルートメントを利用してみて、転職エージェントの比較項目を4段階評価で主観的に査定してみました。

※各項、S→A→B→Cの4段階評価

総合オススメ度 B
求人数 B
求人の質 A
求人紹介精度 B~A
企業の情報量 S
キャリア提案力 A
職務経歴書の添削 C
面接対策 B
担当者の親身さ A
スピード A
対象地域 全国・海外
未経験/異業種転職 消極的
担当者の誘導

JACリクルートメントでは外資系や海外転職、金融やメーカーなど上質な大企業向け求人を多く取り揃えていて、どこかの分野で専門性を磨いてきたような20代後半~40代の方のスクリアップ転職が得意分野です。

これまでのキャリアや経歴を活かす形の転職を目指すような方の転職がJACリクルートメントの得意領域のため、専門性が高い求人や、将来的な幹部候補を求める非公開求人を多く保有しています。

そのため経験が浅い20代前半や第二新卒などとは相性が悪く、未経験で応募できる求人も少ないため、未経験職種への転職支援にも全社共通して消極的です。

全般的に年収レベルが高めで上質な求人が多いものの、一般的な年齢と年収の相関関係の範囲内に収まる求人が中心であって、30歳で年収1,000万などの平均レベルを超越した高年収求人がズラリと揃っている訳ではありません。

年収が高い人でないと駄目な雰囲気が公式サイトにはありますが、実際に利用してみた限りさほど気後れする必要はないと思います。

担当者の対応も非常に丁寧で企業情報も豊富に持っているのですが、職務経歴書の添削や面接対策、書類選考対策などの個別の転職サポートは全くないに等しいため、転職が初めてで右も左も分からないような人には不向きです。

メーカー、コンサル、金融、IT業界などで一貫性のある経歴をお持ちの方、転職先の業界や職種が具体的に決まっているような方こそがJACリクルートメントを使うべきではないかと思います。

>> JACリクルートメントに登録する
転職支援サービスは無料で利用できます

 

JACリクルートメントで面談を受けてきた感想

公式サイトより転職支援を申し込み、最寄りオフィスにて面談の機会を設けて頂きました。

JACリクルートメントの面談部屋の写真

面談当日は部屋に通されたあと、複数の社員が部屋に入ってきてそれぞれの名刺を頂いて、一人の面談担当の方と約1時間~1時間半ほどじっくり面談を行います。

面談では、最初にJACリクルートメントの支援体制の説明があり、その後で

  • 転職理由の確認
  • 転職先の希望条件
  • 求人の紹介
  • 求人先の企業情報の説明
  • 転職活動全般のアドバイス
  • 質疑応答、今後に向けての説明

についてお話し、約1時間ちょっとで終了となりました。

他のエージェントと違ったのは、履歴書や職務経歴書を使った過去の振り返りが全くなかったことと、職務経歴書などの書類の添削も特に行われなかったことです。

他社エージェントでは過去の経歴の振り返りをかなり重点的に行うのですが、JACリクルートメントでは現状の把握、転職希望に対する概要感の説明、求人を出している企業情報の説明中心でした。

面談は終始穏やかな雰囲気で進み、特にネガティブな感情を持つこともなく、きちんとした言葉遣いと丁寧な対応で面談を担当してもらうことが出来ました。

担当者側からの強引な誘導や、転職を無理に急かそうとする雰囲気は全く無く、非常に落ち着いた雰囲気で面談が進められたので、こちらも聞きたいことをしっかり聞けて、話しやすいように気を使ってもらえたように思います。

>> JACリクルートメントに登録する
転職支援サービスは無料で利用できます

 

求人先の企業情報がめちゃくちゃ豊富

JACリクルートメントでの面談で特筆すべきは点は、求人先の企業情報の豊富さです。

もともとJACリクルートメントでは企業担当と求職者対応を一人の社員で兼任する形になっていて、自分が担当している企業へは月一以上で訪問して企業側から詳細な情報を受け取る体制を敷いているため、企業から受け取った情報をそのまま求職者に提示することが出来ています。

JACリクルートメントの支援体制の図

一般の転職エージェントでは企業担当と求職者担当は別々の社員で別れているため企業情報は簡単なものしか説明されませんので、求人紹介から詳細な企業情報を提示してもらえたのは非常にありがたかったです。

他社の転職エージェントの支援体制(分業型)の図

具体的な企業情報というのは、例えば

  • 今回の求人を出すに至った採用背景
  • オフィスの場所、雰囲気
  • そこで働く社員の様子
  • 社内の価値観
  • 飲み会の頻度
  • 上下関係のキツさ、体育会系かどうか
  • フレックス勤務の有無や浸透度
  • 残業時間や残業に対する会社の価値感

など、文字上の求人票には掲載されない中身部分について詳しく聞くことが出来ます。

リクルートエージェントなどは求人数はめちゃくちゃ多いですが、大雑把な求人の選び方をしてドサッと出して「応募したい求人があれば教えて下さい」ぐらいの紹介しかしませんが、JACリクルートメントでは一つの求人紹介に15分ぐらいかけてミッチリ内情を教えてくれるので、自然と求人に対する興味も強く湧いてきました。

余談ですが、詳細な企業情報で求人を出してくれるのはdodaとJACリクルートメントで、大雑把な紹介の仕方に終始したのはリクルートエージェントマイナビエージェントという印象でした。

>> JACリクルートメントに登録する
転職支援サービスは無料で利用できます

 

求人紹介のマッチング精度は正直バラバラ

面談で出してもらった求人に関してはまぁまぁ満足できるレベルだったのですが、その後の面談以外で受ける求人紹介については正直良いものもあれば見当はずれのものも混じっていて、正直バラバラな印象です。

JACリクルートメントでの求人紹介は、社員一人ひとりが担当している自分の企業求人を求職者に紹介するスタイルで行われます。そのため面談終了後は「私が担当している企業のこの求人、興味ありませんか?」と別々の色んな社員から個別メールで求人紹介を受ける形になっています。

もし応募することになれば、その求人を担当している社員と個別にやりとりをする形でサポートが進められていくことになり、複数の企業に応募すれば、複数の別々の担当者と並行してやりとりする形になるので、必ずしも最初に面談を担当してもらった社員に最後まで面倒を見てもらう訳ではありません。

面談で詳しいヒアリングを行い、その人の詳しい経歴に合わせた個別対応による求人紹介がある訳ではないので、個人的にはそこまで求人紹介のマッチング精度が高いとは思えませんでしたし、自分のことを詳しく知らない社員から求人紹介が来るのも、あまり効率が良いようにも思えませんでした。

採用の可能性が考えられる求人紹介のみを目視で行うスタイルなので、全く可能性がない求人を無理に送りつけることはありませんが、それでも自分のことをよく知らない相手から求人紹介を受けるのはあまり気の良いものではないと思います。

ちなみにこのような一人の社員が企業担当と求職者対応を兼任する体制は、JACリクルートメント特有の業態です。

 

外資系、海外求人を含めて20代後半~40代向けの上質な求人が多い

求人の質は事前の評判で聞いていた通り、20代後半~40代向けの上質な求人が多いという印象です。高い専門性が必要な求人とか、外資系や海外求人、英語系求人も豊富です。

金融機関、メーカー、IT業界など、自分の専門領域でキャリアを積んでこられた方が、その経験を活かして転職を目指すような場合にJACリクルートメントはとても頼りになると思いますし、質の良い求人と巡り会える可能性はかなり高いと思います。

ただ後ほど詳しく解説しますが、公式サイトで訴求しているほど「高年収求人」はそんなに多くないというのが率直な印象で、平均的には20代後半~40代向けの求人、年収で言うと400万~750万ぐらいのレンジが一番多いかな~と思います。

>> JACリクルートメントに登録する
転職支援サービスは無料で利用できます

 

ぶっちゃけ高年収求人はそんなに多くない

利用前と利用後で一番イメージが違ったのが高年収求人の少なさです。

JACリクルートメントの申し込みページのスクリーンショット

JACリクルートメントの公式サイトでは

  • 高年収
  • 年収800万
  • 年収2000万
  • ミドル・ハイクラス

など輝かしい文言が踊っていますが、実際にはそのような求人は少ないです。

私も年齢に比べて年収が高い属性だったのですが、面談を担当してもらった方に「あなたは年収が非常に高いのでご紹介できる求人が少ない」と言われてズッコケそうになったぐらいです。

もちろん私の経歴やスキルに合う求人が少なかったというのもありますが、担当者のお話を聞く限り、やはり平均的な年齢と年収の相関関係の範囲内に収まる求人が大半であって、それを超越するような高年収求人はそもそも少ないのだと思います。

JACリクルートメントではこういったハイクラス向け転職エージェントというイメージ戦略を好んでやっているのですが、実際にはそこまでの高年収求人は多くないので、そのイメージギャップには注意したほうがよいように思います。

高年収求人狙いであればdodaリクルートエージェントなど大手の総合型エージェントの方がチャンスがあると思いますし、JACリクルートメントが特別に高年収求人が多く持っているという印象は全くありません。

 

面接対策や書類添削などの転職支援サポートはほぼ期待できない

あと、JACリクルートメントでは個別の就職サポートは全くないに等しいです。

例えば

  • 個別の面接対策
  • 職務経歴書の添削
  • 自己PR・志望動機の添削

などは、応募したい企業の担当者にお願いすれば軽くやってもらえる程度です。

dodaやマイナビエージェントでは一人の担当者が時間を取って模擬面接をしたてくれたり、職務経歴書を添削、過去の面接での質問例を教えてくれたりしますが、JACリクルートメントでは期待薄です。

そのため、職務経歴書や面接対策は個人でやる必要があるので、初めてに転職で職務経歴書に何を書いたらいいかも分からないってレベルの方は、ネットで調べるなり、他のエージェントを利用するなり、書籍を購入して参考にするなりして、自力で対策を練る必要があります。

面接対策についてはこちらのパンフレットを渡されて、これをしっかり読んで対策してくださいというお話でした。

JACリクルートメントの面接対策ガイド

こういう個別対策の薄さからみても、JACリクルートメントはある程度転職慣れしていたり、既に専門性をはっきり持てているような20代後半~40代ぐらいの人が使うべきエージェントなのかなと思います。

 

第二新卒など20代前半の転職希望者とは相性が悪い

20代後半からの人が応募するような求人が大半なので、未経験可でも応募できるような求人はほとんどありません。そもそも20代前半の人はJACリクルートメントのターゲットではないです。

JACリクルートメントでは、基本的に自分が持っている専門性を活かす形での転職を目指す形になるので、経験が浅い20代前半とか、自分にどんな職種が向いているのか幅広く考えたいというような第二新卒も相性が良くないと思います。

20代前半の人にとっては年収レベルも、要求される経歴やスキルも高い求人がほとんどだと思うので、第二新卒などは転職活動のいろはを0から教えてくれるようなdodaマイナビエージェントパソナキャリアの利用をオススメします。

上記3社であれば担当者がとても親身ですし、20代の転職にもかなり積極的で実績も人気も高いです。職務経歴書の書き方から面接の練習まで親身に対応してくれますから、自分がどんなサポートを求めるかによって、選ぶエージェントを決めてみて下さい。

【徹底比較】第二新卒・20代におすすめの転職エージェント

 

まとめ

JACリクルートメントのレセプション案内

以上のように、JACリクルートメントは20代後半~40代向けの外資系や海外転職などの上質な求人を多く取り揃えている転職エージェントです。

JACリクルートメントをぜひ利用してほしいのは、

  • 転職が2回目以上の人
  • 自分で職務経歴書の作成や面接対策を進められる人
  • 大手企業の上質な求人を探している人
  • 海外や外資系求人を探している人
  • 20代~40代である程度自分の専門領域がある人

です。逆に、

  • 第二新卒などの20代前半の転職希望者
  • はじめての転職で1から親身にサポートしてほしい人
  • 職務経歴書の添削や面接対策をお願いしたい人
  • 未経験職種への転職を希望している人
  • 超高収入求人を期待している人

などはJACリクルートメントではなく、他の転職エージェントをご利用になる方が良いと思います。

自分がどんな転職サポートを受けたいのか、どんな求人を希望するのかを一度整理し、JACリクルートメントと相性が良さそうであれば、ぜひ下記の公式サイトより転職支援をお申し込み下さい。

>> JACリクルートメントに登録する
転職支援サービスは無料で利用できます

 

JACリクルートメントの口コミ

 利用体験者の声 

率直な印象は「数は多い。自分自身が主体的に積極的に動く必要がある」です。

当初の期待どおり、数多くの求人をご紹介いただきました。ただし、いずれも「紹介しているだけ」という印象は拭えません。

エージェントは企業と求職者をマッチングするのが業務だと思っていましたが、そのマッチングの部分では積極的に動いていないような印象です。多数持っている求人情報から、「マーケティング」「IT」といった特定ワードでひっかかった候補者に一斉にメールで求人を紹介している、そんな機械的な印象です。

ですので、求人が来る度に「なぜこの求人を私に紹介したのか」それを確認する必要がありました。確認するとやはり私のキャリアの背景を鑑みたのではなく「マーケティング」「プロモーション」といった単語にだけ反応したような回答があったことは一回や二回ではありませんでした。

求人を鵜呑みにするのではなく、自分に紹介がきたその背景から確認しなければいけないという点で、エージェントを使っているわりには自分自身が積極的に動かないといけない、という印象がありました。

 利用体験者の声 

面談を担当してくれたのはとても律儀で真面目な方、という印象でした。私がIT系の転職希望者であることが影響すると思うのですが、他のエージェントの担当者は面談の時もオフィスカジュアルでフランクな雰囲気で進みます。反面、JACリクルートメントの担当者はスーツを着用し、フォーマルな印象で面談が進みました。

その見た目や雰囲気だけでも、真摯に対応してくれる良い印象を受けました。また、求人企業に対しても同じく良い印象を与えているだろうな、という安心感もありました。

 利用体験者の声 

面接対策に面談をしていただきました。

その中で、「転職理由をネガティブに表現しないことが重要であるが、今聞いたところではネガティブな印象を受けなかったので大丈夫」と評価していただいたことは、面接に対する安心感を得るという点で満足しました。

面接で先方が見ているポイントと想定質問をアドバイスいただきましたが、想定質問は聞かれませんでしたし、先方が評価するポイントに合わせて職務経歴を紹介しましたが、もしかしてそれは的を外していたのではないか?と後から考えました。

ですが、面接対策で企業のバックグランドなどを伺えたので、的外れな質問をしなくて済んだ点で役になったと考えています。

 利用体験者の声 

紹介される求人数とその内容の多様性は他と比較して最も優れていると感じました。

他のエージェントは私の経歴やキャリアから、より書類選考や面接での通過確率の高い情報に絞って送られてくるように感じました。ですので、紹介される数は少なく、経験のある同業種ばかり。また、同じ企業の情報を複数のエージェントから送られてきたこともありました。

反面、JACリクルートメントは金融・エンタメ・情報産業…様々な部署から経験職種にあった多数の求人の紹介をいただけました。特に、これまで検討さえしていなかった業種の求人情報は、自分自身の検討の幅を広げるという点で非常に有効的でした。

 利用体験者の声 

他のエージェントでは1人の転職希望者について1名の担当者が付き、紹介をしてくれたり企業へのアプローチをしてくれます。JACリクルートメントでは、私の経歴のキーワードを拾って、それぞれの部署ごとの担当が求人情報を提供します。

ですので、私がコンタクトを取る担当者が複数いて、紹介された求人が終了すれば担当との関係も終了します。JACリクルートメントは、私に対して仕事をしているのではなく、求人を出す企業に対して仕事をしているという印象は終始拭えませんでした。

また、他のエージェントでは面接後に転職希望者に対してすぐにフォローアップし、企業にコンタクトを取るといったサポートが早く充実していましたが、JACリクルートメントではそういったサポートは特に実施してもらえませんでした。

 利用体験者の声 

JACリクルートメントは通常はメールや電話ベースでコミュニケーションを取りますが、面談をすることは積極的なので、時間があれば面談を希望し、実際に会って話をすることで情報の精度を確認すると良いと思います。

企業は候補者を選択する際には、スキルや条件面はもちろんですが、やはりその人がもつ人柄を重視します。JACリクルートメントの担当者と実際に会って話をして、企業が求める人材の雰囲気と自分が持つ雰囲気がマッチするかどうか、忌憚ないアドバイスをもらうといいと考えます。

受け身の姿勢でいるとサポートに不満を持ちますが、積極的に働きかけると担当者はすぐに動いてくれるので、積極的に働きかけてコミュニケーションを多くとると良いと思います。

 利用体験者の声 

転職活動をストップしている期間のメールによる紹介も含め、12件の紹介がありました。自分が希望した内容よりもやや間口を広げて提案されている印象をうけました。

例えばこのあたりは検討していないと伝えてあっても、何人ものリクルーターがアプローチしてくるため、うまく伝わっていなかったり、そこまで気にせず、今までの経験と近ければ紹介するスタンスをとっているように感じました。

なので、十件以上の提案がありましたが、ピンとくるものはやや少なかったです。

 利用体験者の声 

JACはクライアントにカウンセラーとしてアドバイスしながらのビジネススタイルではなく、企業をより重視したスタイルをとっている会社という印象を持ちました。

クライアント(転職希望者)に寄り添って相談にのり、時間をかけて信頼関係を築きながらアドバイスをしていくのではなく、担当企業が求めているスペックを会社のデータベースから近い人を探しに行くスタイルをとっており、良し悪しではありますが、担当者との距離を感じる場合もありました。

書類添削も特にありませんでした。希望をすれば見てくれるかと思いますが、カウンセラー自身若手が多いことから特に依頼しませんでした。

 利用体験者の声 

ご紹介いただいた案件で、日系のも多かったため、日系は40代以上だと殆ど採用しないことから、どちらかというと若手、中堅向けの案件が多いように感じました。複数採用するような大手企業、日系企業を希望している30代までの若手、中堅の方に向いていると思います。

担当者から得た企業情報は独立系のエージェントに比べると客観的なものが多かったです。

例えば独立系のエージェントの場合、○○社の社長とか人事とかつて同僚だったとか、個人的なつながりがあるため、ニッチな情報も仕入れてくれるのですが、JACの場合はそこまでディープな情報がなかったため、企業とのグリップがそこまで強くないのかなと推察しました。

また、若手の担当者が多いことから、ハイスペックな案件はやや不得意なのではないかと思いました。

 利用体験者の声 

シニアでハイスペック求人の場合、他の専門エージェントの方がよいと思います。JACではそもそも持っている案件でハイスペックなのは少ないのではないかと思いました。

また、転職するかどうか悩んでいる方には少し物足りないエージェントかなと思います。何故なら紹介案件メールは興味の有無を機械的につける様式になっている場合もあり、やや相談しづらい文面になっているように思いました。

 利用体験者の声 

海外にも挑戦したいという思いもあったため、JACリクルートメントにまず相談しました。その際に担当してくれた女性の方がとてもじっくり話を聞いてくれ、いくつかの日系企業を紹介してくれましたが面接が現地で行われるため、渡航費用の面で断念しました。

やはり海外で働くのは難しいかと感じていたところ、その担当の女性が「まずは日本で3年働いて何か専門のキャリアを積み、そこから海外に挑戦しても遅くないですよ」、「いつでもお待ちしております」と言ってくださり、とても勇気付けられました。

実際に3年後にその担当の方から「その後状況はいかがですか」とメールをもらった時は、ありがたく感じたと同時に「この人に相談してよかった」と思いました。

 利用体験者の声 

ACリクルートメントはエージェントに中堅クラス以上の年齢の人が多く、経験豊富な印象を受けました。

海外転職に関しても国ごとにエージェントが分かれており、それぞれがその国の転職事情を詳しく教えてくれました。女性のエージェントが多く、皆ハキハキと喋りしっかりした感じです。

今の自分の職歴で海外に挑戦するにはどの国が転職しやすいか、これから伸びていく国はどこかなども教えてくれるため、海外勤務がイメージしやすくなりました。国ごとに特化したエージェントがいることは、転職する国を決める上で大いに参考になりました。

 利用体験者の声 

転職活動の終盤に面談をしたため、こちらの転職エージェントからの紹介企業へ転職することはありませんでしたが、キャリアアドバイザーの対応レベルは非常に高かったと思います。

また、こちらの転職エージェントは各案件の営業担当者が直接候補者に案件紹介をするシステムになっているらしく、複数の担当者に会いましたが、どのキャリアアドバイザーもコミュニケーションが明るく、雰囲気の良い転職エージェントだと感じました。

>> JACリクルートメントに登録する
転職支援サービスは無料で利用できます

 

-転職エージェント

Copyright© ワタシの転職エージェント , 2020 All Rights Reserved.