転職エージェントの選び方|自分と相性の良いエージェントを見分ける方法

ワークポート、マイナビエージェント、doda、リクルートエージェントのロゴを並べている写真の上に転職エージェントの選び方の文字を入れたバナー画像

転職エージェントって何を基準に選べば良いのか?

転職エージェントを使って満足度の高い転職を実現させるために、どういうポイントに注目するとよいか?なぜそのポイントが重要なのか?をこの記事で解説します。

私も転職エージェントを使って転職活動をしたことがあるのですが、実際に何社か使ってみて「こういうポイントに注目してエージェントを選ぶとハズレを引きにくいんじゃないかな」という個人的に注目してほしい選び方を紹介したいと思います。

>> おすすめ転職エージェントの項目へ

 

転職エージェントの選び方

転職エージェントを選ぶ際にぜひ注目して欲しいポイントがこちらの4点です。

  1. 転職エージェントの支援姿勢
  2. 得意な支援対象(年代・業界)
  3. 求人数と質、紹介精度
  4. 転職対策の充実度

単純に言えば「質より量の大雑把な一括スタイル」か「量より質のきめ細かい個別対応スタイル」のどっちがよいか?という判別方法なのですが、上記4点を詳しく見ていくとその判別がしやすいように思います。

ネット上では「求人数で選べ」とか色んなことが書かれていて、確かにそれも間違いではないと思います。

求人数とか、転職成功者数とか、目に見える分かりやすい「宣伝文句」も確かに大事なんですけど、そういう口コミを見て実際に使ってみても「事前のイメージと全然違うなぁ」ということが個人的に結構ありまして、正直そういう評判や宣伝文句は当てにならなかったというのが個人的な感想です。

実際に数社のエージェントを利用してみて感じたのが、それぞれのエージェントによって転職の支援姿勢だったり、求職者への接し方だったり、目に見えないけど確実に特徴が出るのが「転職支援のスタイルや姿勢」だったので、敢えてこの部分に注目することでよりエージェントの特徴が掴みやすく、自分との相性を見分けやすいのかなと思っています。

ちょっと抽象的な話で分かりにくいかと思うので、上記4つのポイントについて、一つひとつ詳しく解説していきたいと思います。

 

① 転職エージェントの支援姿勢

転職エージェントで行われる転職支援サービスの内容って、正直どこも同じようなものです。

しかし「どういう転職支援を理想としているか?」はそれぞれのエージェントごとで考えが全く異なっていて、その考え方によって求職者への接し方、そして転職支援の姿勢も全然違ったものになります。

一番分かりやすいのが「企業を大切にするか、求職者を大切にするか」という、企業と求職者のどっちに近い立ち位置を取っているか?という部分なのですが、これは以下のイラストをご覧いただくと分かりやすい。

転職エージェントごとの立ち位置を示したイラスト

それぞれの転職エージェントの利用経験がある人たちの意見を集約しますと、上記イラストでいう左に位置するエージェントほど求職者に対して親身に接し、個別対応型のサポートを行う傾向が強いです。

逆に右側の企業よりに位置する転職エージェントほど、「企業が欲しい人材を選別する」という「企業の採用支援のお手伝い」の色合いが強いサービス内容なので、求職者に対してはややドライで冷たい対応をとる傾向が強いです。

またこの求職者寄り、企業寄りはそのまま「質を重視」、「量を重視」というスタンスに繋がっていて、例えば企業寄りのリクルートエージェントなんかは典型的な「質より量」、求人紹介も条件に合わないものも含めて大量に出してくるタイプで、大手ゆえ利益優先型の色合いも非常に強いエージェントです。

逆にマイナビエージェントdodaなんかは「質重視」の支援を行いますので、面談時のヒアリングを入念に行い、それにマッチした少数の求人紹介のみを行い、一人ひとりに合わせた親身な職務経歴書の添削、面接対策を入念に行う個別対応型の転職サポートになっています。

基本的に「求職者寄り」の方が担当者も親身で優しくサポートもきめ細かいですが、企業寄りになるほど「流れ作業的で大雑把だが量が多い」という支援体制になっているので、あなたがどちらのスタイルの転職支援を受けたいかによって、エージェントを選別すると良いと思います。

ちなみに利用者からの満足度が高いのは、当然、求職者寄りのエージェントで、特にdodaマイナビエージェントは利用者からの満足度が非常に高いエージェントとして有名です。

それぞれのエージェントを利用したときの感想や評判についてはこちらで詳しく記載しています。

親身な個別対応に大満足!dodaを使ってみた感想

 

マイナビエージェントを使ってみた感想:20代後半~30代のキャリアップに最適

 

② エージェントごとの得意な支援対象(年代・業界)

次に、それぞれの転職エージェントが得意にしている支援対象もエージェント選びでは重要なポイントです。そもそも転職エージェントは

  1. 総合型エージェント
  2. 特化型エージェント

の2つに分類されていて、総合型エージェントは業界や地域に関わらず様々な転職をカバーできる大手エージェントのこと。

知名度が高いところではリクルートエージェント、マイナビエージェント、doda、パソナキャリア、JACリクールトメントなどがこの総合型エージェントに当たります。

特化型エージェントとは、地域、業界、転職者の属性で支援範囲を限定(特化)しているエージェントのことで、例えばIT業界専門のワークポート、レバテックキャリア、英語や外資系、日系グローバル求人のみを扱うロバート・ウォルターズ、第二新卒や既卒者の就職支援を扱うJAICなどがあります。

総合型エージェントの一覧イラスト

特化型エージェントの一覧イラスト

希望する求人条件や業界が細かく決まっている場合は業界特化型のエージェントを利用しても構いません。

ただ、何だかんだ言っても総合型の大手エージェントの方が求人も多く集まりやすくサポートの質も高い傾向にあるので、まずは総合型エージェントを利用してみて、それでも物足らなければ業界特化型を追加していくやり方がよいように思います。

総合型の転職エージェントにも実は得意な支援対象というものがありまして、それをまとめたのがコチラの表です。

エージェント 対象
JACリクルートメント 海外&外資系、年収600万~2,000万以上
リクルートエージェント 30代以上、年収600万以上(※)
doda 第二新卒・20代~40代管理職
マイナビエージェント 第二新卒・20代~30代
パソナキャリア 第二新卒・20代~40代
type転職エージェント 第二新卒・20代(首都圏のみ)

[aside type="warning"]※リクルートエージェントは第二新卒・非正規社員・20代~40代まで幅広い層を支援対象としていますが、リクルートエージェントが実質的な重点支援対象としているのは30代以上のハイキャリア・ハイスキル属性です。詳細はこちらで。[/aside]

上から順に高年収求人が多い転職エージェントです。

転職が最も盛んな第二新卒・20代であればdoda、マイナビエージェント、パソナキャリアがやはり人気で、30代になるとリクルートエージェントやJACリクルートメントも人によっても選択肢に入ってくるかなと思います。

JACリクルートメントは完全に専門職種のハイスキル転職ばかり扱うエージェントなので利用できる人は限られてくると思いますが、20代~30代後半ぐらいまでならdoda、マイナビエージェント、パソナキャリアあたりが利用満足度も高くなっていますので、まずはここから検討してみるのが良いでしょう。

特に異業種や未経験職種など幅広い業界への転職を考えたい人は、様々な業界の求人と情報を持っている大手エージェントを使うほうが有利なので、第二新卒や20代の方はdodaマイナビエージェントを優先的に検討する価値があると思います。

上の表にある「第二新卒・20代」が得意と記載しているエージェントはどこも異業種や未経験職種への転職支援も積極的な姿勢のところばかりなので、その点も安心ですね。

特化型ではIT業界を専門とするレバテックキャリア、ITエンジニアやゲーム業界を得意とするワークポートなんかも人気なので、総合型の転職エージェントで満足いく求人が出てこなかった場合はこちらを利用してみてもよいと思います。

ワークポートを使ってみた感想/IT・ゲーム業界志望の人と相性良し!

 

③ 保有求人数と質、紹介精度

次に求人に関する部分も重要です。総合型の転職エージェントの求人傾向をまとめた表がこちら。

求人数 求人の質 紹介精度
JAC 多い 良い 低い
リクルート 最多 バラバラ 低い
doda 多い 良い 高い
パソナ やや多い まぁまぁ 普通
マイナビ やや少ない 良い 高い

dodaが一番バランスがよくて、個別対応でマッチング精度が高い求人紹介があり、質もよく、大手なので求人数も多い。ベンチャー系は少ないですが地方の優良案件も多く、dodaの求人に不満を持つ人はすごく少ないですね。

マイナビエージェントは質はすごく良いのですが求人数がやや少ないのがデメリットで、特に地方になると選択肢が少なくなる傾向があって、都心部や関西でも条件が細かくなりすぎると希望求人があまり出てこないことがある。

パソナキャリアもバランスがよく、求人数、質、紹介制度ともに全てが平均を超えてくるぐらい。

ずば抜けた強みはないんですが、担当者が親身で優しいですし、求人紹介を断られることが少ないのでキャリアに自信がない人とか、あとは年代を問わず女性転職にも強いので女性にも人気ですね。

リクルートエージェントは何度も紹介している通り、「質より量」で紹介精度はビックリするほど低い(キーワード検索で引っかかったものを出す感じ)ですが、なんにせよ数が多い。

とにかく求人数だけはずば抜けて多いので、地方求人とかニッチ業界とか、他の転職エージェントや転職サイトで求人が見つからず困っている人にとても良いと思います。

JACリクルートメントも「質より量」で大量の求人紹介がメールで届く感じです。

自分の担当者が求人紹介を出すのではなく、いろんな担当者から「この求人はどうですか?」と絶え間なく紹介されるスタイルで、紹介精度も低い。ただし他の転職エージェントにはない高年収のハイスキル求人が豊富です。

 

④ 転職対策の充実度

最後に各エージェントが提供する転職対策の充実度も重要なチェックポイントです。具体的には

  1. 職務経歴書、履歴書の添削指導
  2. 面接対策

この2点で、書類選考と面接の通過率を上げるための対策次第で、内定獲得の可能性が変わってきます。

特に職務経歴書と履歴書の添削次第で書類選考の通過率も露骨に変わってきますし、一度でも添削を受けて質の良い職務経歴書を作成しておくと、自主応募での書類通過率もかなり向上します。

面接対策は応募企業の詳細な選考情報、例えば面接官の人数、過去の採用傾向、その企業での面接での質問事例のほか、社内風土や求められる人材像、採用背景などかなり細かい企業情報までエージェントから提供されますので、採用担当に向けて的を射たアピールをすることが可能になります。

この転職対策が充実しているのは個別対応型のエージェントになるので、やはりdodaマイナビエージェントの2つの評判が非常に良く、特にdodaは1社応募で1社内定など非常に効率よくピンポイントに内定を獲得する人も大勢いらっしゃいます。

私自身もこの2つのエージェントで対策を受けましたが、いずれの対策も非常にハイレベルで実践的であったと感じていますので、個別対応型を希望される方は安心して利用されると良いと思います。

また今回初めて転職する人、転職に関する知識やノウハウがなく転職に向けて不安が強いような人も、dodaマイナビエージェントへの登録を強くオススメしたいと思います。

 

おすすめの転職エージェント①doda

最後に4つのチェックポイントに合わせたオススメのエージェントを紹介していこうと思いますが、この記事でも何度も触れてきたdodaが一番おすすめしたい転職エージェントです。

dodaエージェントサービスのパンフレット

求職者寄りに位置する個別対応型のきめ細かいサポートを行うエージェントで、担当者のレベルが高く、当たり外れが非常に少ない上、スタッフのモチベーションが非常に高く前向きでポジティブなサポートを提供してくれます。

ヒアリングを丁寧に行い、豊富な企業情報と上手にマッチングさせた高精度の求人紹介があり、その人の強みを上手に活かしたキャリア提案にも強く、異業種転職も積極的に提案してくれるエージェントです。

dodaの面談部屋とパンフレットの写真

職務経歴書の添削、面接対策も業界内で非常に評判がよく、担当者が対面にて直々に付き合ってくれますので、本当に一人ひとりの求職者を大切に扱い、親身に、そして情熱的にサポートをする信頼あるエージェントだと思います。

第二新卒・20代~40代管理職、都心部、地方まで幅広い属性の転職にハイレベルで対応できますが、特に精神的に弱りがちで不安が多い20代、第二新卒の転職者からの支持が突出して強いのが特徴ですかね。

個人的に利用経験があるエージェントの中で最もお気に入りかつ、オススメの転職エージェントがここdodaです。

>> dodaエージェント【公式】

親身な個別対応に大満足!dodaを使ってみた感想

 

おすすめの転職エージェント②マイナビエージェント

マイナビエージェントのパンフレット資料

もう一つは、当記事内で何度も触れてきたマイナビエージェントです。

dodaと同じく求職者寄りの個別対応型の転職エージェントで、こちらは第二新卒・20代~30代後半までを主な支援対象とするエージェントなので、40代以降の方はオススメしません。

親身で丁寧なスタイルはdodaと同じ、求職者が求めれば求めるだけしっかりと期待に答えてくれる担当者が多く、最後まで見捨てず責任を持って面倒を見てくれる転職エージェントです。

マイナビエージェントの面談部屋の写真

マイナビエージェントは「きちんと向き合う以上、本気でサポートします」というスタンスなので、時と場合によってはキツめの表現で指導されることもありますし、教師的な立ち位置で求職者の尻を叩いてくれることもあります。

面接対策、職務経歴書の指導も申し分ないのですが、求人数が少ないのが弱点なので、紹介された求人に満足できない場合はdoda、パソナキャリア、リクルートエージェントなどと併用すると良いでしょう。

マイナビエージェント【公式】

マイナビエージェントを使ってみた感想:20代後半~30代のキャリアップに最適

 

Copyright© ワタシの転職エージェント , 2019 All Rights Reserved.