転職エージェント

親身な個別対応に大満足!dodaを使ってみた感想

doda(パーソルキャリア)が入っているビルのオフィス案内版にある「PERSOL CAREER CO.,LTD」の紹介部分の写真

doda転職エージェントはどんな特徴があるのか?

実際にdodaを使って転職活動をした経験がある私個人の感想と、実際にdodaの利用経験がある人達による意見をもとに、リアルなdodaの評判について紹介します。

この記事はそれぞれ個人の感想によるものですが、全て実体験による内容になっておりますので、これもdodaの一つの姿として参考にしてもらえればと思います。

>> dodaエージェント【公式】

 

dodaエージェントの評判と特徴

dodaエージェントサービスのパンフレット

dodaはリクルートエージェントに次ぐ業界2位の転職エージェントです。

得意分野は20代、30代、40代。管理職やハイキャリア転職も得意で、全国に支社があるため地方転職にも強く、dodaは業界、年代、性別、地域を問わずハイレベルにカバーできる総合型の転職エージェントです。

未経験可で応募できる求人が少ないという評判もありますが、実際に利用してみると未経験や異業種転職にもかなり積極的で、実際には第二新卒からの支持も相当に強いのがdodaの特徴です。

実際にdodaエージェントを利用した私個人の印象と、さらにdodaエージェントを使って転職活動をした経験ある人たちの意見を集約し、各項目を4段階評価で主観的に査定してみました。

※各項、S→A→B→Cの4段階評価

総合オススメ度 S
求人数 A
求人の質 S
求人紹介精度 S
企業の情報量 S
キャリア提案力 S
職務経歴書の添削 S
面接対策 A
担当者の親身さ S
スピード S
対象地域 全国
未経験/異業種転職 積極的
担当者の誘導

面談拠点…東京、札幌、仙台、横浜、名古屋、大阪、岡山、広島、福岡、電話面談

dodaは型にはめ込んだ流れ作業的なサポートは行わず、一人ひとりに合わせた個別対応型の転職支援を行います。

そのため実際にdodaを利用した人達からの満足度がとても高いことで有名なエージェントです。

一人ひとりの担当者のレベルが高く、さらに担当者の当たり外れが少ない。そして一人ひとりのスタッフの士気が非常に高いのがdodaの特徴で、求職者へのサポート姿勢は終始一貫して丁寧で親身、さらに前向きでポジティブです。

目先の転職ではなく長期的視野にたった転職支援をするのがdoda特有の姿勢で、一人ひとりの求職者と丁寧に接することが徹底されているエージェントですから、転職支援を通して自分のことを大切に扱われている実感を持つことが出来ます。

dodaでは大勢の転職者の中の1人としてサポートすることはしないので、プロの担当者が自分の転職について真剣に、親身に、そして情熱的にサポートしてくれますから、まさに担当者との二人三脚で理想の転職を目指すことが出来ます。

dodaエージェントの転職サポートは一貫して無駄がなく、面談でのヒアリング、キャリア提案、求人紹介、職務経歴書の指導、面接対策、そして入社後のアフターフォローまで全てがハイレベルなので、無駄に応募数を増やさず効率よく内定を取れたという人が大勢いるというのも魅力の一つです。

以上の特徴から、もしdodaを利用するのであれば、(年代、性別、業界、地域、年収レベルに関わりなく)

  • 個別対応型で親身に、前向きにサポートしてほしい人
  • スピードディに効率よく、無駄のない転職支援を受けたい人
  • 目先ではなく長期的に満足度の高い転職をしたい人
  • 自分の希望条件を満たす質の高い求人紹介を希望する人
  • 自分に自信がなく転職に対する様々な不安が強い人
  • 異業種など幅広い業界で転職の可能性を探りたい人
  • 職務経歴書の指導や面接対策などに付き合ってほしい

など、自分に合わせたハイレベルな転職サポート、そして親身な支援姿勢を求めている方と相性が良いです。

その人に合わせた個別対応型のハイレベルな転職支援がdodaの売りなので、型にはめ込んで量をこなすスタイルではなく、不安が強い中で長期的に見て納得度が高くなる転職を目指す人にピッタリなエージェントだと言えます。

>> dodaエージェント【公式】

 

dodaのキャリアカウンセリング(面談)の流れと感想

dodaの面談部屋

ここからは、実際にdodaを利用したときの感想や体験談も交えながらdodaの特徴について詳しく説明していきます。

ウェブサイトからエージェントサービスの登録を行うと、先方からメール、電話にて面談日程の調整の連絡が入ります。

私の場合は当日に連絡がすぐに来ましたが、場合よっては10日ほど連絡がなかったり、面談まで数週間ほど時間がかかるなど時間がかかるケースもあるようです。

面談は全国にあるdodaのオフィスか、地方在住者は電話にて実施。私はオフィスで面談をしましたので当日は総合受付で予定を伝え、小部屋に通された後、キャリアカウンセラーと対面し、面談がスタートしました。

私が面談をしたときは30代前半ぐらいの女性が担当で、人懐っこい雰囲気で親しみやすい性格の好感が持てる方でした。

面談がスタートすると、事前に提出済の職務経歴書、履歴書をもとに今までの経歴を振り返り、転職希望の確認を行います。

具体的には

  • 転職理由について
  • 現在の仕事内容
  • スキルや実績の確認
  • 希望する職種
  • 希望勤務地
  • その他の転職希望条件(年収、残業、業界など)

を確認し、一通りのヒアリングが終わると面談部屋に置かれているパソコンを使ってその場で求人紹介が始まります。

最後に職務経歴書の書類添削をして、今後の説明、方針確認があって面談は終了。時間は約1時間30分ほどでした。

実際にdodaのキャリアカウンセリングを受けてみましたが、「受けて良かった」というのが本音レベルでの感想でして、ヒアリング能力、マッチング精度が高い求人紹介、丁寧親身で前向きなサポート姿勢、職務経歴書の添削も事前に聞いていた通りハイレベルでした。

私は紹介求人に対して応募するかどうかを吟味する時間がほしいことを伝えると快く承諾して頂きましたし、他の利用体験者の声を見ていても、私自身のときも担当者が強引に応募させようとする姿勢は見られれなかったのも好印象でした。

>> dodaエージェント【公式】

 

dodaでは長期的に見て価値が高くなる転職をサポートする

実際にdodaを使って転職活動をしてみて強く感じたのは、dodaは目先の転職で小銭を稼ぐのではなく、求職者が長期的に見て納得できる転職支援を心掛けてくれているということ。

他の転職エージェントでは自社の売上や担当者自信のノルマのために多少強引にでも転職を誘導することがありますが、dodaでは求職者が「いい転職だった」と納得し、採用企業は「いい人材を確保できた」と満足できる転職を理想としており、そのための転職支援をしよう!という姿勢が社内で徹底されています。

目先の転職支援では転職者がすぐに辞めてしまう可能性がありますし、そうなると企業から「dodaで採用した人材は使えない」とクレームが入り、その後dodaを使って貰えなくなるリスクがあります。

dodaでは目先の売上を作るための転職支援ではなく、長期的に見て企業、転職者が満足できる転職をサポートすることが自社の利益を最大化するという方針を持っているため、一人ひとりの求職者と丁寧に向き合おうとしている点が、他の転職エージェントとは決定的に違います。

転職者、採用企業の双方が納得できる転職を成立させるためには様々な支援能力が必要となる訳ですが、dodaでは一人ひとりの担当者のレベルに差が出ないようスタッフの教育にも力を入れており、その結果として

  1. ヒアリング能力が高さ
  2. 求人紹介のマッチング精度が高さ
  3. 職務経歴書の指導レベルの高さ
  4. 面接対策の充実さ
  5. 企業情報が豊富さ
  6. 入社後のアフターフォローの充実さ

という業界内で突出したレベルにあるサポート力に繋がっているんだと感じました。

ちなみにdoda経由で転職が決まった場合、入社1ヶ月(希望者は1年後にも)に担当者面談をする機会が設けられており、転職者が入社後に上手く順応できているか、どういう部分で上手くいっていないか?の確認とアフターフォローが提供されています。

入社後のフォローがある転職エージェントなんてとても珍しいのですが、自分のことを良くて見てくれているという実感を持てるので、このアフターフォローは転職者からもあなり好評です。

業界最大手のリクルートエージェントは「質より量でバンバン転職させるスタイル」ですから、その点でもdodaは「個人を大切にするオーダーメイド型のハイレベルな転職支援」という支援体制での差別化に成功していると言えます。

>> dodaエージェント【公式】

 

 利用体験者の声 

20代男性 建築/営業

dodaは情報量勝負!という方針だと感じました。大手なので求人情報量がかなり多いと思いますが、その情報を決して出し惜しみしない姿勢だと感じました。

加えて、キャリアカウンセリング時にヒアリングする内容がおそらく細かく決められていると感じました。

決められた内容に沿って丁寧にヒアリングをしてくれるのでマイナビエージェントに比べると担当の方の当たりはずれが少ないのかなと感じます。

 利用体験者の声 

20代男性 製造業/営業

dodaは1人1人のエージェントのレベルが高いように感じました。感じた背景としては、担当者同士のコミュニケーションが盛んで、和気あいあいと仕事をされているように感じたからです。

オフィスにネガティブな空気が流れておらず、転職相談者も話しやすい環境があたように感じます。

社員同士のコミュニケーションも盛んであるため、社員同士の得意分野の求人に関する情報交換が積極的に行われ、それが結果的に転職者の望む求人に繋げることができているように感じました。

 

求職者を勇気づける前向きで親身なサポート

dodaのキャリアアライフサポートのパンフレットとdodaの担当者の名刺

dodaでは求職者に対してとことんポジティブな接し方をします。発言内容が前向きで、批判的なものはほとんど出てこず、不安を抱えがちな求職者を勇気づけるようなスタイルを貫きます。

ちなみにここまで前向きでポジティブな支援というのは、他のエージェントには見受けられない特徴だと思いますね。

普通、転職活動を始めるにあたって、誰しも何かしらの強い不安があると思います。

過去の経歴とか、スキル不足とか、退職理由とか、人それぞれ色んな不安があると思うんですが、dodaではそのような不安に対して「大丈夫」という終始前向きな姿勢を崩しませんので、不安になりがちな精神状況下では本当に救われる思いでした。

私は実際の面談で、以前の転職について「上下関係が厳しく、理不尽なことや非合理的なことでも耐えなければいけないことに不満があった」と本音を伝えたところ、リクルートエージェントでは「いや組織って色んな人がいますから…」と小馬鹿にされたように失笑されてしまったのですが、dodaでは

「お話を伺うかぎり、自分なりに納得して仕事を進められる内容、環境であればご自身の力を存分に発揮出来ると思うのですが、そうではない慣例主義、年功序列などの古い体質に縛られた企業に転職してしまうと、その先ご自身がとても苦しくなってしまうと思うので、そういう観点も重視して企業選びをさせて頂こうと思います」

とアドバイスをしてくれて、同じことを話しても反応が全然違ったんですよね。

どっちが良い悪いというのではなく、これが各エージェントの特徴の違いだと思っていて、dodaでは求職者に寄り添う形で「一緒に頑張りましょう!あなたの力になります!」というポジティブスタンスなのか、それともリクルートエージェントのように「面談の時点で求職者を割り振って値踏みを行い、求職者には良くも悪くも現実を突きつけ、利益に繋がらなければサヨウナラ」のスタンスなのかっていう違いだけです。

転職活動では「自分に自信があるかどうか」ってとても重要だと思っているので、dodaのような前向きなサポートを受けることで不安が軽減し、少しでも前向きな気持ちが心を支配するのは、目に見えないdodaの副次効果だと思っています。

リクルートエージェントでは面談の段階から求職者を査定する雰囲気だったので下手に弱みを見せられない殺伐としていましたが、dodaではもっと前向きで親しみやすい雰囲気ですし、自分が抱える不安も心置きなく吐き出すことが出来ました。

どっちのスタイルを望むかは人それぞれですが、私はdodaに好感を持ちました。

またdodaの利用経験がある人達の意見でも、他エージェントに比べてdodaのスタイルを支持する方が非常に多かったことも明記しておきます。

>> dodaエージェント【公式】

 

 利用体験者の声 

20代男性 物流/施設管理

dodaでは国内企業の転職についてキャリアの相談をしました。約10社に応募し、最初に面接を受けた1社から内定をもらえたので、他社の面接はエージェント担当者を通して辞退しました。

面接から内定までは1ヶ月ほどあったかと思いますが、実際は面接の日にその場で仮内定のような状態になり、その後職場体験をさせてもらって業務イメージのギャップがないか確認する機会を設けてもらい、とても感謝しています。

30代ぐらいの男性の方が担当してくれ、具体的な志望業界がない私の話も1dodaではしっかり聞いてくれました。

紹介してくれた会社についても、どういった仕事を行いどのような業務を自分が担当するのかまで具体的に説明して下さり、面接の練習も繰り返しやってくれました。

積極的に私に合った会社を探してくれているんだなと感じましたし、入社した後のカウンセリングもやってくれたので、信頼できる人だなと感じることが出来ましたね。

リクルートエージェントでは一度話を聞いてもらって特に何も進展せず、あっさりそれで終わってしまったので余計にdodaの印象が良かったです。

 利用体験者の声 

20代第二新卒男性 専門商社/営業

dodaの面談では現職と似たような業界での営業職の転職は考えているのかを聞かれました。

「似たような業界であれば、細かな内容は違えど大枠では業務内容が似ているため転職後のGAPが少ないのでいいかもしれない」との返答でした。

ただ、私は異業種での営業職についても興味があったため、他の業界でも可能性について聞いてみると、

「であれば、自分が理想とする営業マンであったり、扱いたい商材、どういう時に営業が楽しいと感じたのかなど色々教えてもらえませんか?あと、趣味も仕事に繋げられることもあるからその部分についても存分に教えてくれ!」

と話してもらい、初面会でしたが2時間強相談に乗って頂きました。印象に残っていることは

「第二新卒での転職は今盛んだから、君みたいに悩んでいる人はたくさんいる。だから嫌な思いをしてまで今の仕事をし続ける必要はない!俺が人生を変える求人を紹介してやる。だから思ってることは全部話してくれ!」と力強く言われたことです。

「私のことを何も知らないのに、すごい自信だな…笑」と感じましたが、何度が相談させていただく中で、それを本気で言っているんだなと感じることが多々あったため、最終的には全幅の信頼を寄せておりました。

エンエージェントでは私が営業職がしたいと話した時に、深い話込みをせずに、多くの求人票を紹介されました。

私としては、はじめての転職活動であったため、色々な業界の求人を見ても仕事のイメージが湧かないため、求人票を読むこと自体億劫になってしまいました。流れ作業的に求人を紹介されたのかなーと今になって思います。

 利用体験者の声 

20代第二新卒の男性 専門商社/営業

私自身を「第二新卒の中のひとり」としてでなく、「営業職を希望している○○君」といった捉え方で、扱って頂いている気がしました。

求人に関しても数多くの案件を紹介するのではなく、私の条件にあった就職先でかつ、現在勤めている会社の有給休暇との兼ね合いを考慮して、厳選された案件のみを紹介して頂いておりました。

そして私の場合は、キャリアカウンセラーが1回交代しております。

その背景としては、はじめのキャリアカウンセラーは技術職の領域に強いエージェントだったらしく、私が営業職を希望している旨を伝えると「だったら、××の方が、営業職にも詳しいし、その人を担当にしてもらったほうがいいかもしれない」と、私のことを考えて、担当を変更して頂けました。

実際にサービスを受けてみると、営業職の転職に強い担当者に交代して頂けただけでなく、面接対策や業界研究用資料の配布、転職予定先での営業のスケジュールなど、転職時に必要な知識+αの情報を紹介していただけました。

結果、転職活動もうまく行ったため、大変感謝しております。

 

dodaの転職サポートは一つ一つがハイレベルで一切の無駄がない

dodaエージェントサービスのぎ用を説明するパンフレットの図解イラストの写真

dodaは個人個人に合わせた転職支援サービスを行う転職エージェントなので、他社エージェントと比較して内定獲得までのサポートに無駄がなく、少数の応募で効率よく内定を取って転職活動を終える人がとても多いです。

他社エージェントでは「興味がなくてもまずは沢山応募しましょう!」と数に頼って応募しまくるスタイルが推奨されていますが、dodaでは意図的かどうかはともかく、3社応募で1社内定など、効率良くスピーディに内定獲得する人が非常に多いです。

例えばこのサイトを作成するにあたって協力してくれたdoda利用者の転職活動時の成績は

  • 紹介10件、応募2件、内定2件(3週間)/20代男性
  • 紹介10件、応募1件、内定1件(2週間)第二新卒男性
  • 紹介30件、応募5件、内定1件(1ヶ月)/30代男性
  • 紹介20社、応募10件、内定1社(1ヶ月)/20代男性
  • 紹介20件、応募10件、内定2社(3週間)/第二新卒女性
  • 紹介30件、応募24件、内定4件(2週間)/20代男性

※()内は面談から最初の内定獲得までの期間、紹介件数はおおよその数

など他の転職エージェントに比べて圧倒的に効率が良く、内定まで非常に早いです。

「可能性のない転職」をサポートしても意味がないので、dodaでは求職者が望む条件を満たし、かつ採用される可能性が高い求人紹介を行いません。

さらにそこから採用可能性を高めるために職務経歴書の指導、面接対策、選考企業の情報提供を重点的に行いますから、非常に要領よく、抑えるべきポイントを抑えた転職支援が実現できているという訳です。

この「効率を重視した無駄のない転職サポート」は、丁寧なヒアリングを丁寧と、自分が持っている企業情報とのかみ合わせ作業が上手だからこそ出来ることであり、その背景にはハイレベルな担当者の尽力が合って初めて成り立つものです。

しかも転職後の納得度を重視した上でのサポートですから、効率良く獲得した内定先であっても、「転職先に満足していますか?」という設問に「満足している」と応えた転職者が9割を超えているというところが、dodaの凄さではないでしょうか。

dodaの担当者は「ハイレベルで当たり外れが少なく、モチベーションが高く前向き」と紹介しましたが、ノルマ重視よりも純粋な気持ちで求職者のためのサポートが出来る社内姿勢が、スタッフの精神状態にも良い影響を及ぼしているように思いますね。

>> dodaエージェント【公式】

 

 利用体験者の声 

20代第二新卒男性 専門商社/営業

dodaは転職者に対して多くの求人を紹介するのでなく、転職者が望む求人をいくつか紹介するといったスタンスであるため、意思決定までに無駄な時間がかからず、スムーズに転職活動をすることができると感じました。

私もその恩恵に預ることができたため、第二新卒であったにも関わらず1社のみの選考で無事内定することができました。

転職先にも大変満足しております。

前職では、人間関係がギスギスしており、上司に仕事内容をほぼ教えてもらえない環境かつ、相談できる人もおりませんでしたが、転職先の会社は、風通しがよく、上司や同期・先輩とも盛んに情報交換できております。

また営業としても顧客への貢献度が高く、仕事にやりがいを持って取り組むことができております。

これも全て転職前にエージェントとGAPが出ないように相談し、転職活動を行うことができたおかげだと感じています。

 

ヒアリング能力が高い(適性把握)

dodaの面談部屋とパンフレットの写真

効率のよい転職支援を根底で支えているのがキャリアカウンセリングでのヒアリング能力です。

dodaでは過去の経歴を振り返る作業を最初の15分~20分ぐらいを使って丁寧に行うのですが、ここの振り返りを丁寧に行うことでその人に適したピンポイントな求人紹介に繋がっていると強く実感しました。

dodaのキャリアカウンセラーは本当に聞き上手、引き出し上手です。

例えば過去の経歴に関しての質問があると、私の返答をもとに代理で要約・言語化してくれ「つまりそれってこういうことですか?」とか「ではAとBでは、Bの方がご自身に合うということですよね?」とか、自分でも気づいていない価値観や趣向に気づかせてくれました。

しかもその最中、キャリアカウンセラーからは前向きな言葉ばかり出てくるのが特徴で、決して相手の話も遮りませんし、批判的な態度も取りません。

あまり人には言いたくないような後ろ向きな不安要素であっても、dodaの担当者には安心して自分の弱みや悩みを開示することができました。

このヒアリングを経験すると、

  • 自分にはどういう環境が適しているか
  • どういう能力を活かす仕事が向いているか
  • 自分の強みや趣向がどういう部分に隠れているのか
  • 何を軸にして企業を選べばよいか

というポイントが自然と浮かび上がってくるので、転職先のイメージを担当者と一緒に膨らますことが出来ました。

面談中、「論理的な性格」とか「素直な性格で何事も疑わずに順応するのがうまく早い」など、求職者の良さや価値観についても説明してくれるので、求職者が自分自身のことを客観的に理解するキッカケになると思います。

担当者と一緒に自分の企業選びの軸(=キャリアプラン)を具体化させて、転職の可能性を探っていく事ができるので、「自分なんて相手にされないんじゃないか」と不安が強い人でも、疑心暗鬼にならず悩みを打ち明けられるはずです。

>> dodaエージェント【公式】

 

 利用体験者の声 

20代第二新卒男性 IT/エンジニア

担当は20代の女性の方で、真面目で丁寧な印象を持ちました。面談を通して、転職に関する知識やIT業界の知識は豊富で頼りがいがあるなと思いました。

マイナビエージェントの方は少しイケイケで活発な印象でしたが、dodaの方は誠実な印象でした。

キャリアカウンセリングでは転職軸をしっかり聞き出そうとしていたと思います。

「転職先でやりたいことは現職ではできないのか?」や「年収アップを大事にするか、今後役立つスキルを身に付けることを大事にするか?」など、転職軸になる内容を深堀してヒアリングをされました。

私がIT業界への転職を希望していると伝えたところ、現段階の知識量や今後どのようなスキルを身に付けたいかなどを聞かれました。私は未経験だったので未経験で募集をしている求人をいくつか提示してくれました。

提示された求人はヒアリング内容が考慮されていて、自分が求めていたイメージにも近かったですし、給与面や福利厚生もしっかりとした求人が多かったです。

マイナビエージェントに比べると全体的に年収が高く、大手企業もいくつかあったので流石大手だなと思った記憶があります。

面談時間は90分と決まっていたのですが、私の質問が多くて時間が押していたにも関わらず丁寧に質問に対して細かく話してくれ、大変感謝しております。

 利用体験者の声 

20代男性 製紙メーカー/営業

求人紹介では「体育会系的な組織風土は避けたい」といったことを希望しました。

企業風土は実際に入社してみないと判断できないこともあるので不安に感じている人も多い、というコメントが担当者からありましたが、具体的に前職のどのような点を体育会系と感じているのかを聞かれたり、どのような時にモチベーションが下がったりするか聞かれ、過去の転職者からの情報を踏まえて企業を紹介してもらいました。

過去の転職者からの情報というのは、所属している部署・周りの部署の雰囲気や、上司・同僚との関係コミュニケーションの取り方などの情報です。

同じ部署に配属になるとは限らないものの、大体の感覚を掴んだり、面接での面接官の対応とギャップがないかを確認するときの参考にしました。

 

ヒアリング能力が高い(強みの把握)

dodaでは「自分のことを知ろう」という積極的な姿勢が特色で、その人の強みを抽出するのも上手です。

  • その実績がどういう価値があるのか
  • その数字は全国、全社的にどれぐらいの順番なのか
  • それを証明することは出来るか

など、実績一つとっても様々な角度からその実績の価値を理解しようとしてくれます。

過去に関わったプロジェクトに関してお話すると、その場にあるパソコンを使って「その時のプロジェクトのHPを見せて欲しい」とか、他のエージェントではそこまで求められないという部分までグイグイ踏み込んで来ます。

さらにその実績や職務を担当する中でどういう作業が含まれているのかを確認し、その人が対応できる仕事の範囲を上手に聞き出しながら、どういう求人がハマりそうかを探ろうとしている姿勢もよく伝わってきました。

私のときの面談で言えば

  • このツールは使えるか?使ったことはあるか
  • このソフトの導入(利用した)経験があるか
  • その仕事を経験してどう感じたか
  • ○○の業務は経験したことがあるか

など、より求職者のスキルを正確に把握するための質問がどんどん飛んできます。

終始一貫して「少しでも相手の良さ、強さを引き出したい、それを聞き逃したくない」という姿勢を前面に出して接してくれていました。

しかも面談の予定時間は1時間~1時間半なのですが、時間を自分のために目一杯つかってくれるので、私も1時間半ギリギリまで話しましたし、この記事作成に協力してくれた方の中には2時間強も話したという人もいました。

「あなたの力になりたい」という純粋な姿勢で接してくれるので、そのサポートを受けると「この担当者のためにも頑張ろう」という純粋な気持ちになれるのもdodaならではだと思います。

>> dodaエージェント【公式】

 

マッチング精度が高い求人紹介とキャリア提案

dodaの求人紹介画面のスクリーンショット

dodaではWEB上で求人紹介が行われる

dodaの求人紹介はマッチング精度が非常に高いことで有名です。特に利用者からの満足度が高いのは

  • なぜその企業が私にオススメなのか
  • その企業で今度どのようなキャリアを描けるのか

といった、「なぜその企業を良いのか」という紹介理由と、「転職後のビジョン」を分かりやすく説明してくれるからです。

実際の例でお話します。私がとある新進気鋭のネット系成長企業を紹介されたとき、

「こちらの企業では、最初は年収が下がってしまうのですが、転職後に実績を出すことができれば年収はどんどん上げることが出来ます。

実際にこの会社ではご自身(私)とちょうど同じ年齢の方が取締役になっていたり、この企業様ではうまくいった事業は分社化して社長に任命する運営体制をとっており、その人には数億レベルの予算と裁量を一気に任せるスタイルを取っていますから、独立志向が強く、今までのご経歴で実績を出してこられた部分でとてもオススメできます。

また、取締役などを兼務するやり方も可能で、複数社を兼任するやり方であれば年収ポテンシャルも相当に高くなりますから、普通の会社員とは少し違うキャリアプランを描くことが出来ますね」

いった風に、必ず相手企業の情報と私自身の特性や希望を上手に噛み合わせて説明してくれるのが強く印象に残っています。

他にも、

「この会社は難しいですが、ぜひ受けて欲しいです。この業界、この地区では採用がかなり難しい企業になるので、よほどレベルが高い人がいないとこの会社は人を採用しません。

面接でも論理性を問う質問が多いですし、結論ベースの話し方を徹底するなど入念な対策は必要ですが、求められている上流工程での俯瞰的な業務もできますし、お求めの業務内容に近いです。

また企業風土も論理性が重視されていて、データ活用がうまい会社さんですから、今までの職務の中で活かせる部分、数字ベースで物事を考える思考にも合うかと思います。

ご自身が過去の業務で培ってこられたスキルも面接でアピールできるところが沢山ありますし、企業様からの評価も受けやすいと思うので、難易度が高い企業であっても充分に採用の可能性があると思います。

ただやはりデメリットとしては、最初に年収が下がってしまうことですね。転職後に実績を出せば年収は伸びていきますが、このことで奥様から合意が得られるかどうかも重要なポイントかと」

など、自分 ⇔ 企業の双方の特徴をここまで上手く噛み合わせて、色んな角度から理由付けをした上で求人紹介をしてくれたのは後にも先にもdodaだけでした。

dodaの求人紹介の制度が抜群というのは、こういう紹介の仕方を一人ひとり、丁寧に行うからです。

ネット上の評判では、dodaは30代向けとか、未経験可で応募できる求人が少ないと記載されてあったので私も不安だったのですが、実際には求職者のスキルを上手に転用させるような異業種転職も積極的に提案してくれました。

dodaのキャリアカウンセラーは求職者のスキルを抽出するのが上手なのが主な理由かと思います。

dodaは経験者向きという口コミも多かったのですが、(このサイト作成に協力してくれた方々からも)第二新卒や20代からの満足度がメチャクチャ高かったですし、事実、30代前半の私も最も満足度が高い転職エージェントがdodaでした。

全業界の求人情報を多く抱えていて、なおかつハイレベルなキャリアカウンセリングを実施するdodaなら、20代、特に第二新卒で幅広い業界への転職を検討している方の強い味方になってくれると思います。

>> dodaエージェント【公式】

 

 利用体験者の声 

20代男性 製造業/営業

私のニーズを把握した求人がほとんどでした。ただ、全くしらない業界の営業の求人もあったため、エージェントにわからないことは都度質問させていただきました。

「あー。この求人は、君が知らない業界だけど、物凄く面白い営業ができるんだよ!他の業界では経験できないスキルが身につくし、貢献度も高い仕事だから紹介させてもらったんだ」と、私がわくわくするような紹介のしかただったため、なぜその求人が紹介されたのか納得することができました。

エンエージェントでは数多くの求人をとりあえず紹介している様子でしたが、dodaは私のニーズを聞き取り、それにあった求人をのみを提供していたため、自ずと質も高くなりました。

 利用体験者の声 

エージェントとの相性が良かったのか全体的に前向きな返答が多かったため、面談は進めやすかったです。

私自身が、あまり時間をかけたくなく、早期決着を望んでいたので、エージェントとは相性が良かったと思いますし、担当の方も非常に丁寧で「一緒に頑張っていきましょう」といった感じでした。

「人事の業務が続けられること」という希望を出したのですが、

「全くの異業種・業界への転職よりは転職しやすいと思うが、まだ若いので、興味があれば、異業種・業界を狙ってみるのも良いと思う。また、人事の業務と一口に言っても、事業会社の人事以外に、自社のような採用支援会社や人事のコンサルティング会社等もあるので、いろいろと紹介します」

との返答でした。

紹介された求人は30~40社程度で、おおむね面談を踏まえた求人内容だったので満足しています。そのうち応募したのは5社、内定は1社です。

 利用体験者の声 

20代男性 製造業/営業

担当は短髪のガタイの良い男性で、まさに体育会系の雰囲気を醸し出すエージェントでした。

ハキハキとした物言いで、「君にはこの業界がおすすめだ!営業マンとしての実力が尽くし、社会貢献度も高い仕事だと思うよ!」と語気に力がありました。社会人経験が浅かったため、多くの部分で頼っていたと思います。

他のエージェントと比較すると、非常にパワフルで言葉に説得力がありました。また面談時間も長く取っていただけた様に感じます。

また、数多くの求人を紹介する他のエージェントと比較して、DODAのエージェントは10社程度の少ない求人紹介であったため、面接を受ける企業を選ぶ際も無駄に時間がかかりませんでした。

 利用体験者の声 

20代男性 物流/施設管理

紹介精度が最も高かったのはdodaで、一番の理由は「転職者目線」で対応してくれたことです。

「転職できる会社」ではなく「転職したいと思う会社」を見つけられるかが重要でしたので、自分の話を丁寧に聞いた上でそれに沿った求人を紹介してくれたdodaには満足しています。

紹介内容も資料に細かく載っており、どういう業務をやることになるのかについても具体的に説明してくれたので、「この会社に応募して大丈夫だろうか」といった不安はほとんどありませんでした。

不満だったのはリクルートエージェントで、こちらはdodaと比べ「転職できる会社」しか紹介してもらえなかったため、当然マッチングする部分はほとんどありませんでした。

紹介してくれたのも面談した日の1回きりだったので、他人事のように扱われているなという気になりました。見込みのある転職希望者しか積極的に対応しないのかなという印象を感じました。

 利用体験者の声 

20代男性 地方銀行員

dodaのキャリアアドバイザーの方に、自分の今後のキャリアについての相談をさせていただくことができました。

具体的には、転職時の私の強みであった「数字管理」という点について、

「強みである『数字管理』を転職に生かしていくとなれば、選択肢の一つとして会社の経理職を考えてもよい。

ただし、経理職というのはいきなりできるものではなく、経験を積む必要がどうしてもある。なので、もし経理職を目指して、経理の道で仕事をしてみたいという考えがあるなら、少しでも若い、今経理職を志望する必要がある。」

というアドバイスをいただきました。

当初、キャリアアドバイザーに相談する前は、経理職というのはそもそも想定していなかったので、提案していただき、選択肢が増えましたし、その選択をした場合の今後のキャリアプランについても示していただき、転職活動における視野の広がりを感じました。

 

質の高い非公開求人の紹介

ちなみに紹介された求人の質ですが、個人的な印象では非常に良く、他の利用者からの評判も非常に良かったです。

紹介求人の幅が非常に広いのが特徴で、中小企業、中堅企業~誰でも知ってる超大手・有名企業の求人が傾向としては多いように思いますし、担当者によると「弊社は管理職の転職に強い」とのことだったので、30代後半~40代のマネジメント求人も豊富に取り揃えているようです。

外資系はやや少ない印象がありますが、資本力がある大手企業傘下の子会社だったり、幅広い仕事ができる大手企業系列の優良求人が沢山ありました。

実際に出された求人は転職会議、カイシャの評判、Vorkersなどの口コミサイトでも3.5以上の優良評価を得ている企業が多かったです。

求人をひと目見ただけで「明らかに希望と違う」とか「大量採用前提の兵隊求人」とか「とてもじゃないが長く働けないブラック企業求人」は一つも見かけなかったです。

そもそもdodaでは①希望条件を満たし、②採用可能性が高い企業の求人紹介しかしないので、全くの的外れの求人が大量に出てくることはまずありません。

メールで自動送信される求人に関しては質、マッチング精度ともに驚くほど低いので要注意(※後述します)ですが、担当者が間に入って紹介してくれる求人に関しては質、精度ともに非常に高いので安心です。

中小企業だけでなく、大手企業にステップアップしたい人、安定基盤で長く働ける企業を求めている人は、dodaでお目当ての求人に巡り会えるチャンスが十分にあると思います。

dodaでは条件検索でヒットした求人をズラーッと出して「興味があれば言ってね」と言った放置スタイルの紹介ではないので、大量に出された求人を自分で選別する負担が小さいのもdodaの魅力かなと思います。

>> dodaエージェント【公式】

 

ハイレベルな職務経歴書の添削指導

dodaの履歴書と面接対策セミナーのパンフレット

dodaを語る上で欠かせないのが業界トップレベルの職務経歴書の指導(添削)です。

私の場合「今の書き方では魅力がスキルが十分に伝わっていないので、メチャクチャもったいないです」とハッキリと言われ、具体的な修正ポイントを提示して頂きました。

具体的に記載すべき数字、どの実績を全面に出すべきか、アピールすべきポイントはどこか?を指摘しされ、非常に参考になったのを覚えています。

私は、面談中に出てきた

  1. 数値実績/営業成績/獲得実績
  2. 社内順位/全国順位
  3. 利益率/予算達成率
  4. 折衝人数/関係顧客数

など、「出せる数字はすべて具体的な数字に落とし込んで、ここに書いてください」と言われました。

求職者のポテンシャルや実績を最大限に引き出そうとする姿勢を強く感じましたし、実際dodaの担当者はその能力は非常に高いと思います。

また「あれもこれもブチ込んだ、まとまりのない職務経歴書」ではなく、余計な部分は容赦なく削除し、応募企業に合わせて必要なところを重点的に記載し、その上で自己PR、志望動機も一貫した内容にするよう指導され、添削後はアピールポイントが端的に絞り込まれた”一貫性のある職務経歴書 ”に出来上がりました。

実績やスキル面でアピール材料が不足しがちな第二新卒ですと、どういう点で仕事を工夫したのか?どのような姿勢で仕事に取り組んだのか?という「姿勢」の部分を重点的に記載するよう指導されますし、またその姿勢が転職先の業務でどのように活かせるか?まで踏み込んで指導してくれるので、書類通過率や面接通過率の向上にも一役買ってくれるかと思います。

個人的に職務経歴書の指導で満足度が高かったのはdodaとマイナビエージェントで、両方の評判が良いのは私も知っていましたが、実際に利用してみてその理由がよくわかりました。

職務経歴書は一度完成度が高いものを作成すると使い回しできるので、一度でも添削を受けておくと自力応募での書類通過率も飛躍的に上がるという恩恵を受けることが出来ます。

>> dodaエージェント【公式】

 

 利用体験者の声 

20代第二新卒男性 専門商社/営業

dodaでの添削は非常に参考になりました。まず履歴書の書き方についてハウツーを教えて頂き、私の方で加筆訂正した上で、エージェントに再度添削していただきました。

その中で「新卒2年程度の営業職の場合、目立った成果が少ないから、行動や心構えなど、採用担当者が入社後期待できるイメージをもたせられるように書くことが重要です」と教えられたことが特に役立ちました。

何度も添削を受けたので途中で煩わしさも感じましたが、その甲斐あって完成度の高い履歴書が書けました。

選考を受けた企業が1社のみであったため、志望動機の添削はその企業の背景やほしい人材像をイメージしながら、添削していただきました。

また、面接対策として過去にその企業で質問された内容をいくつか教えていただいたので、質問に対する対策を打つことができました。

さらに、選考を受ける企業に関する業界研究用ビデオを見る機会があり、理解を深めることができ、結果応募した1社から無事に内定を取ることが出来ました。

 利用体験者の声 

20代男性 通信/営業

担当は20代から30代女性の方です。相談したら必ず電話とメールで返信をくれた人だったのでまめな性格の持ち主だったと思います。

他エージェントと比較して返信も早くテキパキしていたので頼れるカウンセラーだと感じました。

応募したい求人が決まっていたのでそれを応募したいと伝えたところ、doda内でも人気求人であったため、かなりの対策が必要と言われました。

因みに対策内容というのは、職務経歴書の職務履歴の時期の西暦表記、語尾や表現の統一や自己アピールの再構成など細かい内容を指摘されました。正直、指摘された点が多すぎて面倒と感じましたが応募するためなのでやるしか無いと思いました。

またdodaでは支社で直接カウンセラーと打ち合わせを実施する頻度が多いのが、他エージェントと比べ独自のスタンスだと思います。結構な頻度で来社しないかと誘われたのを覚えてます。

人によっては直接足を運ぶのを嫌がる人がいるかとは思いますが来社する苦労がある分それ以上に有用な情報提供をしてくれました。

 利用体験者の声 

20代第二新卒男性 IT/ネットワークエンジニア

マイナビエージェントと並行して添削作業を行っていましたが、マイナビエージェントよりも具体的に指摘をしてくれました。

私は接客業をしてきたのですが、接客以外の業務面でアピールポイントを探しましょうとアドバイスをくれて、問題解決能力をアピールできる実例を探すことができ職務経歴書が充実した内容になりました。

「この業界はこういう点をアピールしたら受かりやすくなりますよ!」と具体的にアドバイスをくれ、やはり大手なので添削作業などの細かいノウハウがしっかりしているなと感じました。

志望動機は、受ける企業別に細かく添削してくれました。

転職時の志望動機を考えるのが初めてだったので最初に考えた志望動機はひどい出来でしたが、私が書いた内容からキーワードを拾ってその内容を深堀してヒアリングをしてくれて、良い志望動機へと導いてくれました。

マイナエージェントの添削はもう少しざっくりとしていた印象です。添削能力に関してはマイナビエージェントよりもdodaがしっかりしていた印象です。

 利用体験者の声 

20代男性 製紙メーカー/人事

自分としては十分な情報を記載したつもりでしたが、「それぞれの業務について、計画する段階や対人折衝をする段階等で、どういった点を工夫していたか、また、転職後の業務にどう活かせるかといった点について、もっと具体的かつ体系的に記載したほうが良い。」といったアドバイスをしてもらいました。

結果的に自分一人で作ったものよりも、より洗練された内容になったかと思います。

 利用体験者の声 

20代男性 メーカー/経理

ほかのエージェントでは、「よく書けています。」という褒め言葉をいただだけでしたが、dodaではかなり厳しく、書いてある内容だけでなく、書き方、書きぶり、というかなり細かい点にまで踏み込んでアドバイスをしていただけました。

それによって、実際の転職活動でも採用担当者の方に、「綺麗に書かれていますね」という感想を貰いました。

自分では、内容にばかり目が行ってしまっていたので、そのような点にまでつっこんで助言をしてもらえたのは、本当に助かりました。

対して、最も役に立たなかったのはリクルートエージェントです。

決して役に立たなかったというわけではないのですが、dodaの担当者と比較すると、どうしても表面的なアドバイスで、万人にできそうなアドバイス、私個人に対する固有のアドバイスというようには感じられませんでした。

 

dodaでの面接対策も入念に行われる

dodan面接力アップセミナーのパンフレット写真

dodaは担当者一人ひとりが企業の情報を詳細に把握しており、それが高精度の求人紹介に繋がり、さらには応募後の面接対策にも活かされています。

例えば応募先の企業で面接に進んだ場合、

  • この会社の採用担当の人柄
  • 応募企業が今回求人を出した採用背景
  • 面接官の人数、名前、肩書
  • 過去の採用傾向、どういう人が好みか
  • 面接の想定問答
  • 過去の面接での実際の質問例

など、応募先の企業のかなり細かい情報提供を受けることが出来ます。

社風や企業風土、社内の雰囲気など求人票には出てこない部分もdodaの営業マンを通じて教えてもらうことができますので、選考途中でもミスマッチ転職を防ごうという強い姿勢が伝わってきました。

また面接対策も入念に行っており、必要に応じて想定問答のシミュレーションをメールでしたり、担当者の判断や求職者の希望に合わせて最初の面談とは別にオフィスにて模擬面接も行いますし、面接練習にも担当者が直々に付き合ってくれます。

求人紹介の段階で相当に詳しい企業情報を話してくれるものだから、私もつい「今喋っている企業情報って、時期によってその都度変わるわけですよね?全企業の全情報をよくここまで把握されていますね…」と聞くと、

「dodaでは求職者担当と企業担当にわかれていて、企業情報は企業担当の営業マンから伝聞で仕入れています。

エージェントによっては企業担当と求職者担当を同じ人間が行っているところもある(※)のですが、そういう仕組みですと、自分の担当企業に無理やり転職を決めようとするデメリットが生じやすいのです。

弊社では企業情報は伝聞になってしまうのですが、選考が進みますと営業マン同席のもとで情報提供をする機会を設けておりますし、特定の企業に肩入れすることなくすべての企業を公平にご紹介することが出来るという点を、ぜひ前向きに捉えていただけたらと思います」

※JACリクルートメントがこの体制を敷いています

という説明をしてくれて、誠意あるエージェントだなぁと関心したのを覚えています。

キャリアカウンセリングでの丁寧なヒアリングに始まり、求人紹介、職務経歴書の添削、面接対策まで一つ一つ丁寧に行うことで、少ない応募数でも効率よく内定を獲得できているんだなぁと実感しました。

>> dodaエージェント【公式】

 

 利用体験者の声 

20代男性 建築/営業

私の住まいが支社に通える距離だったこともありその地域の大きいといわれる企業に関しての優遇は大変よかったと思います。

どういう面接を行うかをdodaが詳細に把握しており、それに対しての対策や応募企業の経営理念、どういう人員を求めているかという、他エージェントにはない貴重な情報を伝えてくれたと思います。

そのためdodaは地域密着型の転職サービスのイメージがあります。私の現在勤めている企業もdodaがきっかけになりましたが、本社の近くにdodaに支社がありdodaの営業マンが求人斡旋をする企業を取りこぼさないように地場企業に対しても営業をかなり行っていると現在の勤め先の人事担当者から伺いました。

現在の勤め先が大手で転職先が地場企業を探している人(Uターン者)は優遇されると思います。特に現在のお勤めが大手の企業であればそれなりの能力を持ち合わせているでしょうし、即戦力と期待できる人だと思いますから。

地場企業では社員の高年齢化が進み、うまく世代交代が出来なく営業も近い将来危ういと言われています。

場所によっては他エージェントが手を出していないでdodaが独占している地域もあるので、そういう地域の地場企業に紹介できるのがdodaの強みだと感じました。

 利用体験者の声 

20代男性 非鉄金属/現場

面接対策は特に入念に行いました。担当者に面接官の役をやってもらい、本番の面接で確実に聞かれるであろう自己紹介と志望動機、アピールポイントの部分できちんと伝えられるよう数回練習しました。

また、質問は1社につき最低5個は考えておいたほうが良いと言われ、やる気をアピールするには事業内容に関連させた具体的な質問が好まれるとのアドバイスももらいました。

本番の面接では数回練習したこともあり、緊張せずにはっきりと喋ることができました。特に質問の部分では、5個も具体的なものを考えてくるのはなかなか大変だったのですが、熱意が高いと先方に受け取ってもらえたので考えてきて良かったです。

事前準備をしていなかったら本番の時により緊張でしどろもどろな受け答えになっていたと思うので、入念に対策をしてもらえて助かりました。

 利用体験者の声 

20代男性 メーカー/経理

私の場合は、面接に関する注意点や指導などのレクチャーと、実際の面接の練習を受けました。やはり、当然ではありますが、面接の練習を行っておくと、当日の安心感が違います。

企業の面接では、まれに想定の範疇を超えたような変わった質問が急になされることもありましたが、基本的にはあらかじめ想定できる質問内容であり、事前に準備できる内容でありました。

ですから、本番の面接前に練習を何回かを行うことによって、「こう聞かれたら、このように返せばいい」というような型ができます。

そうした型を何個も準備しておくことで、実際の面接では、自分が準備しておいた引出しを上手く組み合わせて答えたりと、まず質問で返答に困ってしまうようなことがなくなりました。

 

dodaの悪い評判について

ここまでdodaのポジティブな評判について紹介してきましたが、悪い評判についても記載しておきます。

ただdodaを実際に利用したことがある人からは悪い評判は出にくいとネットにも書かれており、「さすがにそれは無いだろ」と思って数々の利用者に詳細なアンケートを実施したところ、本当に悪い評判が出てこないという「まさかの事態」になってしまいました。

私もdodaには非常に満足しているのですが、それでも根気強く集めたdodaのネガティブな評判を記載したいと思います。

 

自動送信の求人メールが鬱陶しい

エージェントサービスと言ってよいのか分かりませんが、dodaではスカウトサービスや自動送信の求人紹介メールが大量に届く仕様になっており、求人紹介メールはめちゃくちゃウザイです。

スカウトサービスは解除できるのですが、メール設定を完全にOFFには出来ないようになっているので、この自動送信のメールは非常に鬱陶しいというもっぱらの評判で、実際私も非常に鬱陶しいと感じました。

担当者が間に入って紹介される求人は紹介精度も高いのですが、自動送信で送られてくる求人は完全に的外れのものばかりで、中には質が良いものも含まれているのですが、あまりにも大量のメールがバラ撒かれるので正直、目を通す気にもなりません。

届くメールの大半は目を通すこと無くゴミ箱行きになるので、どうせ求人紹介をメールで送付するのであれば精度を上げるか、それか受信設定をOFFにできるようにして欲しいと言うのが率直な意見です。

 利用体験者の声 

20代男性 建築/営業

メールによる応募勧誘が非常に多いことが不満です。

送り先がスカウトサービス、事務局、採用プロジェクト、カウンセラーの氏名と名前を代え様々な勧誘のメールが1日に6通~8通ペースで届きます。

殆どの内容が私の希望しない条件であったり、未経験、異業種からの転職OKという内容ばかりです。

一番ひどい内容が、同じ業務の内容の募集要項ではありますが派遣元の企業が異なったものばかりで、別の支店からの勧誘もあるんど、転職者に対する情報提供の操作がうまくいっていないと感じました。

 利用体験者の声 

20代男性 IT/ネットワークエンジニア

一日に何十通と自動メールで求人が送られてきて情報が多すぎるので、有用な情報を見落としてしまうこともあります。

さらに、送られてくるメールを絞ることがWEBで簡単にできず最終的には直接エージェントの方に電話で伝え自動メールの配信を止めてもらいました。配信停止をお願いしても反映されるのに時間がかかりました。

担当の方は非常に丁寧に対応をしてくださったのに、求人メールが多すぎたので非常にもったいないと感じました。メールが多すぎてサービスを止めた人も多くいると思います。

 

希望が抽象的すぎると後回しにされる

dodaの担当者は熱量が非常に高いのですが、相談する側が自分の希望を具体的に伝えられないと、支援の方向性が定まらず、結果としてサポートが後回しになることがあります。

dodaのキャリアカウンセリングはかなり具体的な部分にまで踏み込んだ質問が矢継ぎ早に飛んでくるので、きちんと自己分析をして、自分の気持ちの整理がついていない状態で「とりあえず相談してみよう」という軽いテンションで面談をしても、具体的な転職サポートは引き出すことが出来ません。

それに自分主体で転職活動を進めたい人ですと、dodaの担当者のモチベーションの高さ、熱量に圧倒されるでしょうし、自分を詮索されたくないという人もdodaの支援体制は逆に鬱陶しく感じると思います。

特に

  1. 自分がやりたいこと
  2. どんな転職を希望するか
  3. 転職理由

という自分自身の事柄をきちんと言語化して相手に伝えられないと、担当者もどうサポートしてよいか分からないので、何か噛み合わないままサポートがストップしてしまうケースがあります。

 利用体験者の声 

30代女性 文具メーカー/営業

紹介求人があまりピンとくるものではなく、営業職でも半導体や不動産など全く興味が持てない企業の紹介が多かったです。

私の希望が「役に立つサービス」という曖昧な希望だったので、アドバイザーの方から「具体的には、役に立つ、ってどういう業界ですか?」と何度も確認され、私自身も説明が難しいことだったので希望する仕事イメージが出来なかったのだろうと思います。

営業だけに偏った紹介で、途中製造業と不動産は受けたくない旨伝えたが、ずっと製造業と不動産の紹介が来続けた。無視すればいいことだが、モヤモヤしました。

 利用体験者の声 

20代男性 IT/エンジニア

DODAは「とりあえず転職活動しよっかな」といった方には不向きかもしれません。

転職理由が明確でないと、エージェントの熱量の高さがしんどくかんじますし、適当な求人を提案されて終わってしまいます。

それだとお互いに時間の無駄なので、自身がなぜ転職活動したいのかをはっきりさせた上でDODAのエージェントを活用するべきです。

実際、抽象的な要望を出している転職希望者は後回しになっているように感じました。

第二新卒転職希望者の中にも「給料が倍くらいに上がる職場が良い」や「東京の一等地で働きたい」などの理由のみで転職活動しているとうまく進展していない(後回しにされている?)ように感じました。

要求がはっきりしていてかつ、それが複数ある転職希望者はテンポよく求人を紹介されていたと思います。

 

担当者との細かいやりとりでの不満

いくら担当者のレベルが高いとは言え、個人対個人の人間同士なので、細かいやりとりで「カチン」ときたり、「イラッ」とくることはdodaでも多少はあるようです。

もちろん他の転職エージェントでも同様にあることですが、例えば面接対策までは重点的にやるのに、面接後のフィードバックは思った以上にアッサリしていて拍子抜けしたり、ややマイペースな性格の担当者と相性がよくなかったりといった、細かい不満はアンケートでも報告されています。

ただ他の転職エージェントに比べて不満のレベルや報告頻度は極端に少ないので、担当者の当たり外れというより、個人と個人の細かな相性の問題というレベルのものが多いという認識で構わないかなと思います。

 利用体験者の声 

面接結果に対するアドバイスを、もう少し貰いたかったです。

ある企業の面接後のフィードバックで、担当者から

「先方から、『もう少し明るい人が良い』と言われたのですが、暗い感じで話されましたか?」

と聞かれたので、「そんなことはないと思いますよ。」と答えたところ、

「そうですよね。」程度しか返答がなく、どうすればより明るい印象を与えられるのか等のアドバイスはなかったため、改善のしようがなかったです。

 利用体験者の声 

20代男性 通信/営業

自分が内定は必ずほしいと応募した求人に対しての対応で、こちらの熱意が伝わらなかったせいなのか返答がさらっとして他人事の様な返信が多かったことに対して怒りを覚えました。

事前の面談で転職したい時期を伝えており、その時期まであと1カ月だったのにカウンセラーの対応に焦りがなく危機感がなかったことが特にイライラしました。

また大手企業や著名な企業を紹介頂きましたが、試用期間が1年や契約社員もしは派遣社員と雇用形態にも不満がありました。

雇用形態に関して聞き返すとカウンセラーの回答は殆どの皆さんが記載されている期間より早く正社員なってますよと無責任な回答があり、少し頭にきたことを覚えてます。

ただし最初に紹介された求人をきっかけに応募しない理由を伝えてカウンセラーから再度提案してきた求人の質はとても良かったです。

再提案の求人の半分がカウンセラーいわく掲載されていない限定求人でdodaの推薦が無いと受けれない内容で募集要項を見ると、大手企業やいわゆるホワイト企業と呼ばれるものばかりで非常に魅力的な内容だったと思います。

 

まとめ

doda転職エージェントサービス申込みページのスクリーンショット

dodaエージェントはハイレベルな担当者が一人ひとりの求職者に親身に接し、個別対応で無駄のない転職サポートを提供する、利用者からの満足度が非常に高い転職エージェントです。

もしdodaエージェントサービスを利用するのであれば、年代、性別、業界、地域、年収レベルに関わりなく

  • 親身に、自分一人に合わせた前向きなサポートしてほしい人
  • スピードディに効率よく、無駄なく転職したい人
  • 目先ではなく長期的に満足度の高い転職をしたい人
  • 自分の希望条件を満たす質の高い求人紹介を希望する人
  • 自分に自信がなく転職に対する様々な不安が強い人
  • 異業種など幅広い業界で転職の可能性を探りたい人
  • 職務経歴書の指導や面接対策などに付き合ってほしい人

このような、自分を大切に扱ってくれる情熱的で前向きな転職支援を希望する方ととても相性がよいです。

逆に

  • 自分のやりたいこと、希望条件を言語化できない人
  • 自分のことをよく理解できていない人(自己分析が出来ていない人)
  • 自分で主体的に転職活動を進めたいひと
  • 担当者の熱量を鬱陶しく思う人
  • 求人紹介だけして欲しい人

このような、ドライなスタンスで担当者と距離を置きながら自分一人で転職活動を進めたい方はdodaを利用するべきではないでしょう。

dodaの担当者はとても士気が高いので、自分に関わろうとしてくれる姿勢が逆に煩わしく感じると思います。

このような特徴や評判を理解した上で、dodaエージェントサービスに登録したいという方は下記リンク先より利用登録を済ませてください。

>> dodaエージェント【公式】

 

-転職エージェント

Copyright© ワタシの転職エージェント , 2019 All Rights Reserved.